EVスポーツの可能性は無限大!滑空するように走る日産「ブレードグライダー」は現在も開発継続中!

2013年の東京モーターショーで日産が発表したコンセプトカー、「ニッサン ブレードグライダー」を覚えていますか?

コレが2013年の東京モーターショーで出品された仕様。

新たな運転の楽しさやワクワク感をもたらす効率的で高揚感のあるEVであり、静粛性の高いエレクトリックパワートレイン、そして高性能な三角翼航空機のように空力性能に優れた形状がもたらす“滑空するように”走るクルマとして提案されました。

「BladeGlider」は開発継続中!

その先進的なデザインと、走らせるとワクワクする……というクダリから筆者は個人的に注目していたのですが、その「ブレードグライダー」は今でも開発が継続中のようなのです。

コチラが現在のお姿!

ショー展示モデルからプロトタイプへと移行しており、現在は世界中のサーキットを(プロモーション的に)走行しているのです。

イギリスで開催された”Goodwood Festival of Speed”にて走行された本車両をあらためて復習してみましょう。

サーキット走行も可能な段階なのだ!

そもそも「BladeGlider」は、ご覧のとおり運転席を車体中央に配置して、エキサイティングな滑空する感覚を乗員全員で共有できるよう運転席後方左右に後席を配した3シーターレイアウトを採用した、新たな価値観を創出すべく企画された100%EVスポーツカー。

幅の狭いフロントトレッドと、高い空力性能と安定したハンドリングを実現する幅広のリヤトレッドにより、最先端のシャシー形状を採用しています。

ハイウエストなリアヒンジの二面角ドアはドラマチックな乗り降りを演出しながらも、オープンルーフはロールオーバープロテクション構造を採用することにより補強され、クーペの安全性を確保しながらオープントップレーシングカーの高揚感を与えます。

矢先形状の車体部分に設置された運転席には、広々としたレッグルームが広がります。コックピットは継ぎ目のないウィンドスクリーンを採用することで、どの座席からもパノラミックな景色が広がります。「ニッサン ブレードグライダー」システム専用のステアリングコントローラーには、バッテリー残量、速度、回生モード、トルクマップなどを表示する最新型ディスプレーを搭載しています。

技術面で提携したWilliams Advanced Engineering(本社:イギリス)が開発したバッテリー・モーター技術を動力源としています。

(今のところ動力源の画像は公開されていませんが……)5個の電池モジュールから構成する220kWの高性能リチウムイオンバッテリーを動力源とし、同車のバッテリー・モーター用に特別に開発したクーリングシステムを搭載しています。

プロトタイプの最高時速は時速190km!走り出しから5秒もかからずに時速100kmに達します。後輪は、左右のタイヤに設置した130kWの電気モーターにより駆動します。

ぜひ発売まで漕ぎつけてほしい!

いかがでしたでしょうか?サーキット走行までこなす段階まで仕上がって来た「BladeGlider」。

「EVの日産」には、ぜひこのまま市販化まで漕ぎつけてほしいと願います。

「BladeGlider」のスペック

  • 全長×全幅×全高:4,300×1,850×1,300mm
  • ホイールベース:2,800mm
  • 車両重量:1,300kg
  • 最高出力:200kW(268hp)
  • 最大トルク:707Nm
  • 最高速度:190km / h(115mph)以上
  • 0-100km / h(62mph)加速:5秒以下

参考-日産(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。