コレは素敵!日産のEV「e-NV200」がイギリスの老舗高級百貨店”ハロッズ”のデリバリーバンに採用!

たびたびEVに関する記事をご紹介している当サイトですが……

コレは欲しい!スイス生まれのライトウェイトスポーツ電気自動車「eRod」

ホントに2019年に販売するの!? アウディ「e-トロン・スポーツバック・コンセプト」は近未来感がハンパない!

今回は、日産が世界に誇るEV「リーフ」ではなくて、限りなくマイナーな商用EV「e-NV200」の話題について、ご紹介してみましょう!

「e-NV200」がハロッズの配達車に!

この1カットが全てを物語ってしまうのですが……この重厚なハロッズのコーポレートカラーであるダークグリーンにペイントされている「e-NV200」。

なんと創業100年を越えるイギリスの老舗高級百貨店”ハロッズ”の配送車に採用されたのです!

それには、ちょっとした理由があります。

実は、イギリスの首都ロンドンに店舗のあるハロッズでは、なんと1919年から排出ガスを出さないクリーンな乗り物であるEVに着目。60台ものEVを揃えて、ロンドン市内の顧客のための配送車として活用してきた経緯があるのです。

そのうちの1台がコチラ!アメリカの”ウォーカー電気自動車”製の配送車。もちろん既に現役ではありませんが、そこは歴史と伝統を重視するお国柄、大切に動態保存されているのは素晴らしい!

そうした背景を持つハロッズが、配送車の再整備を行うに当たって、再び脚光を浴びているEVに注目。日産「e-NV200」が採用された、ということです。

日産「e-NV200」とは?

さて、コチラが今回ハロッズに採用された「e-NV200」。もちろん日本でも販売されていますから、極稀にですが、街で見掛けたことがある方もいらっしゃるのでは?カラーリングが真っ白だと、随分とイメージが違いますね。

5人乗り / 7人乗りのワゴンタイプも設定されており、乗用ユースとしても魅力的だったのですが、残念ながら現在はワゴンの供給は停止中です。

EVですからクリーンであることに加えて、商用車としては、このように電気を運べる、というメリットを前面に押し出しています。

航続距離は「リーフ」より短い190km。ですが商用であれば、あらかじめ業務上必要な航続距離が概ね分かりますから、近距離移動のみの商用であれば、魅力的な1台ではないでしょうか?

今回のハロッズの場合、ロンドン市内を1週間で50回配送し、走行距離は241kmを想定している、とのこと。これなら週に1or2回の充電で済む、という想定だそうです。

いかがでしたでしょうか?今回は、「e-NV200」にまつわる、ちょっと良い話をご紹介してみました。(筆者個人的には)ウォーカー製EVが気になって仕方がないですが……

参考-日産(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。