刮目せよ!日産「リーフ」でモンゴルラリーに参戦するツワモノを発見したぞ!

「世界中で大人気!」という程ではありませんが、少なくとも日本では着実に生息数が増加している日産のEV「リーフ」。ゼロエミッション・ビークルとして、着実にその地位を固めていますが……

なんと、その「リーフ」でラリーに参戦したツワモノがいたというのです!

日産「リーフ」でラリーに参戦!

それがコチラ!日産「リーフAT-EV」と名付けられた1台。車名の”AT”はオートマチックの略ではなくて、”All Terrain”の頭文字です。

製作したのはスコットランドに本拠地を置く、2010年に設立されたEV推進団体”Plug in Adventure”です。

続いて、「リーフAT-EV」が参戦予定の”モンゴルラリー”についてご紹介します。

モンゴルラリーとは

今回「リーフAT-EV」が参戦するのは”モンゴルラリー”。多くの方がご存知の”ラリー・モンゴリア(旧ラリーレイド・モンゴル)”ではありません。

2004年に始まった”モンゴルラリー”はタイムレースではなく、かつてのパリダカールのような、本当の冒険ラリー。ヨーロッパから、山々や砂漠を抜けて、10,000マイルをモンゴルまで走破します。四輪参加車両の排気量は1,000cc、二輪は125ccまで。二輪はスクーターでの参加が促されています!これによりルートは過酷になり、冒険を促す仕組みなのです。

また参加者はチャリティとして、1,000ポンドを提供することが求められます。

日産「リーフAT-EV」のディテール

さて、(残念ながら、あまり詳しく明らかにされていませんが)車両のディテールをご紹介しましょう。

ベースとされたのは「リーフ」の30kWh大容量駆動用バッテリー搭載車です。

“Speedline”のSL2 Marmoraホイールに”Maxsport”RB3ナロータイヤを装着。足回りにもプレート補強が施されています。

ブレーキラインも強化タイプに変更されており、マッドフラップが追加装備されています。アルミ製サンプガードも搭載されています。

荷物を積載するため、ルーフラックを装備しており、その前方には”Lazer”のTriple-R16 LEDライトを搭載しています。

残念ながら画像はありませんが、インテリアにも手が施されています。

と言っても、メインは長距離走行での快適性と軽量化が目的。リアシートとリア用シートベルト関連パーツは全て取り外され、そこは荷室とされました。32kgの軽量化を果たしています。

一方、ドライバー&パッセンジャーシートは全くノーマルのまま、フロアにゴム製マットが置かれただけだそうです。

作業そのものは、イギリスの大手チューナー”RMLグループ”の手で行われました。

こうして完成した「リーフ AT-EV」だが、気になるのは航続距離と充電の問題。スタートからヨーロッパを抜けるまでは急速充電施設を利用する予定であり、その後は(恐らく)サポートカーから充電するのではないかと思われます。そこは少し残念……。

それでも「リーフ」でのモンゴルラリー参戦には、充分に価値があると思います。是非、完走を果たして欲しいものですね!

参考-日産(グローバル)、モンゴルラリー
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。