キャタピラ付きで雪道を激走!ニッサン”真冬のSUV三戦士”がシカゴオートショーに見参

2016年2月13日〜2月21日、アメリカ・シカゴで行われた「シカゴオートショー2016」に、ニッサンがキャタピラ付きSUV、3モデルを発表! どんな険しい雪道も走破できる”Winter Worrior”をコンセプトとして登場した。

今回登場した3モデルは、画像右から「パスファインダー」「ムラーノ」「ローグ」をカスタムした特別仕様車。

nissan-winter-warriors-11
「パスファインダー」は輸出専用の7人乗り、「ムラーノ」は国内販売されているモデルと基本的には同じ、「ローグ」はエクストレイルの北米仕様車だ。

スノートラック用システムを採用

nissan-winter-warriors-12

3モデルはぞれぞれ、America Track Truck社製の「THE DOMINATORトラックシステム」を装着している。これは、4輪車にキャタピラを装着できるスノートラック用のシステムで、1輪辺りのサイズは高さ30インチ(約76cm)、長さ48インチ(約122cm)、幅15インチ(約38cm)。キャタピラの装着に合わせ、サスペンションなども改良されている。

ボディは、マットレッドクロームカラーをカスタムペイント。ボディサイドの”Winter Warrior”ロゴは、ステッカーをラッピングしている。

純正アクセサリーもセット

nissan-winter-warriors-2

3モデルには、他にカーゴエリアプロテクター、オールシーズンフロアマット、ルーフレールクロスバー、バンパープロテクターなどの純正アクセサリーも装着。冬のハードな冒険を楽しむ人のために、9×9ft (2.7×2.7m)サイズのテントも用意している。

nissan-winter-warriors-22

いずれも、ショー用のコンセプトカーということで、販売されるかどうかは不明。

だが、真冬のエクストリームなドライビングを楽しめるのは間違いない。普通の(4輪の)クルマでは行けない峻険な場所へ行き、スノーボードやスキーなど、ウインタースポーツを楽しむなどにはもってこい!冒険好きには気になる仕様だ。それでは動画もご覧いただきたい。

意外にもかなり軽快に移動していることがわかったと思う。”Winter Worrior”のコンセプトは伊達ではないのだ。

参考 – Youtube : Nissan unleashes trio of aggressive “Winter Warrior” concepts just in time for the Chicago Auto Show

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。