ビルが建っちゃうよ!世界一高額なクルマはコレだ!!

前回紹介した『宝くじが当たっても買えない!? 世界一高額なバイクはコレだ!』に続き、今回は世界一高額なクルマについて紹介したい。

世界一高額なクルマはやはりランボルギーニのアレ!

ビルが建っちゃうよ!世界一高額なクルマはコレだ!!

1962年にイタリア・サンタアガタで立ち上がった”Lamborghini(ランボルギーニ)”社。

そんなランボルギーニ創業50周年の一環として、9台のみ製作されたの”Veneno Roadster(ヴェネーノ・ロードスター)”が、クルマの中で世界最高価格なのである。

金額だけでなくスペックの高さも最上級!

ビルが建っちゃうよ!世界一高額なクルマはコレだ!!

“ディアブロ”や”ムルシエラゴ”、”ガヤルド”と同様に、”闘牛”由来のネーミングが与えられた”ヴェネーノ・ロードスター”は、”アヴェンタドール LP700-4″と同じ6.5リッターV12気筒エンジンをミッドに搭載し、最高出力は750hpとなっている。

加速タイムは0-100km/hで2.9秒、最高速は355km/hに達する。なお、駆動方式は4輪駆動となっており、トランスミッションは7段ISR(シングルクラッチ セミオートマチック)で、5つのドライブモードが用意されている。

“サメの背びれ”が特徴的

ビルが建っちゃうよ!世界一高額なクルマはコレだ!!

もちろんこのヴェネーノも、CFRP(カーボン繊維強化プラスチック)製を採用している。エクステリアは”アヴェンタドール”のデザインをモチーフとしているが、中でも特徴的なのがエンジンフードから後方に伸びるシャークフィンだ。

単純にデザインというわけではなく、車体が左右に振られる”ヨーイング”を防ぎ、スタビリティを高めたコーナーリング性能向上に寄与している。

車両重量はカーボンパーツを多用しているため、モンスター級の心臓にも関わらず1,490kgの軽量化を実現している。パワーウェイトレシオは1.93kg/hpを記録し、圧倒的パフォーマンスを発揮する。

気になる”ヴェネーノ・ロードスター”の価格は!?

そんなランボルギーニの創業50周年を記念して製作された、同社の総力ともいえる”ヴェネーノ・ロードスター”の衝撃的な価格は、なんと!330万ユーロ(約4億3,000万円)と、クルマの中で世界最高価格なのである。

さらに驚愕すべきは、すでに9台は発表後すぐに完売しているようだ。

ちなみに下記の映像が”ヴェネーノ・ロードスター”納車の際の映像である。

ここまでくると、究極のコレクタブル・アイテムであるといっても過言ではない。

生きているうちに、一度でいいから観て見たいものである。

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!