消防車からケーキ屋まで!フィリピンで大活躍のピアジオ「Ape」が変幻自在すぎる!

イタリアの老舗スクーターメーカー「ピアジオ」が製造するオート三輪「Ape」。発展途上国で大活躍しているのは周知の事実ですが……、それでもやっぱりフィリピンで活躍している「Ape」の変幻自在っぷりがスゴイのです!

そこで今回は「Ape」の多方面での活躍っぷりを、画像中心でご紹介しましょう。

タクシーに使われている!

タイトル画像の消防車仕様に続いては定番のタクシー仕様。キャビンとの境目は幌と同素材です。

靴屋にも使われている!

お次は靴屋さん! 荷台に棚が設置されています。移動販売車という位置づけですね。

ゴミ収集車にも!

小回りが利いて良さげですが、あまりゴミの積載量は望めませんね……。

ピックアップ・トラック

ピックアップだって、もちろん「Ape」。画像は長物を積めるロングデッキタイプです。本社運営のグローバルサイトでは、「Ape Classic」というモデル名です。

本車両がベーシック中のベーシックですので、記事末尾にスペックを記載しておきます。

宅配車としても活用!

写真からは伝わり難いかもしれませんが、こちらは宅配車です。日本だと軽ワンボックスが使われていますが、「ape」でもいいかもしれませんね。

救急車としても活躍

ココまで出来るなら、救急車だってアリ! ただし、車内での処置は厳しいかもですね……。

サファリカーにだって変身!

まだまだ続きます! こちらはサファリカーバージョンです。富士サファリパーク的な園内を走る感じですかね。ライオンに襲われないか不安になります。乗客は横向きに座る形となり、定員8名とのこと!

給水車としての活用例も!

荷台に積んでいるのはウォータータンク。断水時や災害被災地で活躍しているのでしょう! 自衛隊にも導入して欲しいですね。

極め付けはケーキ屋さんだ!

そして最後はケーキ屋! 荷台がショーケースにされています。色合いが少々悪いのと、ディスプレイされる商品点数が少ないところが残念です。

結果、「Ape」は働き者だ!

消防車からケーキ屋まで、あらゆるカタチで働くクルマ「Ape」。どの仕様も何故か微笑ましく、働く姿を見かけたら、つい「頑張って!」なんて声をかけてしまいそうですね!

この魅力的なオート三輪「Ape」、残念ながら日本での正規輸入販売は行われておりません。並行輸入車両は見かけますので、ご興味を持たれたという方は調べてみて下さいね!

「Ape Classic」のスペック

  • 全長×全幅×全高:3,150×1,490×1,685mm
  • ホイールベース:2,120mm
  • シート高: – mm
  • 車両重量:450kg
  • エンジン種類:ディーゼル単気筒
  • 総排気量:435cc
  • 内径×行程:86.0×75.0mm
  • 圧縮比:19.01
  • 最高出力:5.5kW / 3,500rpm
  • 最大トルク:18Nm / 2,000rpm
  • 最高速:45km/h

参考 – Piaggio ApéPiaggio
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。