驚愕!ジャニス・ジョプリンのサイケなポルシェが2億円オーバーで落札!

1960年代を代表するロックシンガーの一人、ジャニス・ジョプリンが生前愛用していたという1964年製ポルシェ「 356Cカブリオレ」が、ニューヨークで開催されたRMサザビーズ主催のオークションにて予想落札価格40万ドル(約4,800万円)〜60万ドル(約7,300万円)を大きく上回る、176万ドル(約2億1,500万円)で落札されたというニュースが入ったので紹介したい。

亡くなるまで愛用していたサイケデリックなポルシェ「 356Cカブリオレ」

ジャニスは1968年にそのポルシェを中古で購入すると、友人にペイントを依頼。元はパールホワイトだったというポルシェ「 356Cカブリオレ」は、写真の通りのサイケデリック仕様へと変貌を遂げた。彼女は1970年に27歳という若さで夭逝するが、亡くなるまで、どこに行くにもこのポルシェを愛用していたという。

ロックン・ロールの殿堂博物館に展示されていた

彼女の死後、ポルシェは家族が所有していたが、何とカラーリングを一端、オリジナルに戻してしまった。そのため現在のサイケデリック塗装はリペイントだという。その後、ポルシェはオハイオ州クリーブランドにあるロックン・ロールの殿堂博物館に貸し出され、20年のあいだ展示されていた。

ポルシェ「 356Cカブリオレ」の落札価格としては史上最高額

なお、今回のオークションでは7名がジャニスの愛車を競って激しい入札合戦を繰り広げ、結果的に「 356Cカブリオレ」の落札価格としては史上最高額となったという。

余談になるが、彼女の最後のアルバムとなった「パール」には、「ベンツが欲しい」という曲があった。どうも彼女はドイツ車が好きだったようだ。

参考 – 1964 Porsche 356 C 1600 SC Cabriolet by Reutter | New York – Driven By Disruption 2015 | RM Sotheby’s、Youtube : Driven by Disruption: Janis Joplin’s Groovy Porsche 356 

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。