これは快適!フルレストアされた1962年製ポルシェ「356Bクーペ」

レストアラーにはビンテージカーをレストアする場合、完全に製造当時のカタチに戻すことを良しとする方と、当時のカタチにはこだわらず、不具合をアップグレードし、現在の道路事情にも耐えられるようにカスタムを施す方と二派に分かれていると言われています。

当時の不具合をも楽しみ、完全なノーマル状態に戻すことを良しとする方には、今回紹介するポルシェ「356Bクーペ」は好ましからざる車両と言えるかもしれません。

ポルシェ「356B」

こちらの「356」は、以前も当サイトで紹介させていただきましたが、世界で初めてポルシェの名を冠したスポーツカーになります。ただし、前回紹介したのはロードスターで、こちらはクローズドボディのクーペですね。

開発当初、かのフェルディナント・ポルシェ博士は戦犯として拘留されており、「356」の開発・設計はポルシェ博士の息子フェリー・ポルシェと技術者カール・ラーベらのチームが中心となっていたそうです。

こちらの車両は1962年製の「356Bクーペ」は、ワークショップに忘れ去られていたかのように置かれていた車両になります。

あらゆる面でアップグレード化

レストアされる際、元のエンジンを1,750ccボアアップキットを用いてボアアップを施し、キャブレターをウェーバーのDcoe 40に変更することで車両に余裕を持たせています。

ショックを変更し、サスペンションを下げることでコーナリング性能もアップしています。フォルムもカッコ良く仕上がっていますね。

電装系も12V仕様にアップグレードされ、ディスクブレーキも刷新されています。

エアコン、ブルートゥースも搭載

パフォーマンスをアップグレードしただけでなくエアコン、ブルートゥースラジオ、内装もレザーが刷新されるなど、インテリアのディテールもアップグレードされています。

あらゆる面でアップグレードされ、現在の交通事情にも対応可能で、なおかつ、ドライバーに快適ささえももたらしてくれるポルシェ「356Bクーペ」。

あなたがレストアラーなら完全フルノーマルに戻して乗りますか?それともこちらのように現代のパーツをふんだんに用いて、快適さを追求しますか?ちなみに筆者はもちろん、後者のほうです。なんだかんだ言っても、エアコンのないクルマに今の時期、乗るのはしんどいです。エアコンを付けるとバッテリーが上がるのもまっぴらごめんです。

こんな快適なポルシェ「356Bクーペ」……こんなクルマが欲しいと思ってしまいました。

参考-hiconsumption
センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。