ロールス・ロイスが「全天候型のウルトラ高級SUV」を開発するとこうなる!?

イギリスの超高級車メーカーとして名高いロールス・ロイスが、自社初のSUVとなる新型モデルのプロトタイプを公開しましたので紹介しましょう。

Project Cullinan

新型モデルは「Project Cullinan(プロジェクト・カリナン)」と名付けられた社内コードネームのもと開発が進められています。ってことは、車名も恐らく「カリナン」になると思われます。

ぱっと見た感じの印象は、細めで角張ったヘッドライトやごついフロントグリルなど、フェイスデザインが同社の誇る最上級サルーン「ファントム」にそっくりです。

SUVではなく「ハイサイド・ビークル」

それもそのはず、プロトタイプのベースとなっているのは「ファントム」そのもので、これに新型の4輪駆動システムや、新しいプラットフォームなどを採用。

ロールス・ロイスでは、このクルマをSUVではなく「ハイサイド・ビークル」と呼び、どんな道も走破できる全天候型で、いままでにない新しいカタチの高級車を目指しているそうです。

要するに、「カナリン」は高級車の代名詞である「ファントム」を超える、“ウルトラ高級”なクルマになるということですね。

今回、公開された画像では、リアセクションはよく見えませんが、ボディがワゴンタイプであることは明らかです。このクルマがSUVのスタイルを採用することは間違いありません。

ちなみに、パワートレインも未公開ですが、「ファントム」がV12気筒を搭載していることから、普通に考えるとこの新型にも同様のエンジンが搭載されることが予想されます。

でも…最近のトレンドを考えると、ひょっとしたら排気量をダウンサイジングして過給器を付けるとか、ハイブリッドの可能性もあるかも。そのあたりは、公式発表を待ちましょう。

最近、世界的に人気で、各メーカーから続々と新型が登場しているSUVですが、さてロールス・ロイスはどんな味付けをしてくるのか? 今からとっても楽しみですね。

参考 – HIGHSNOBIETYOPENERS
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。