レッドブルF1マシンのパワーユニット名が「タグ・ホイヤー」になったって知ってた!?

2014年以降、ルノー製のパワーユニットに強い不満を募らせていたレッドブルは、2016年末まで結んでいたルノーとの契約を前倒しで解除した。しかし、すぐに決まると思われた次のパワーユニット供給先探しが難航し、一時期はF-1撤退すら示唆していたが、ここへ来てようやく次のパートナーが決まったので紹介しよう。

パワーユニットの名前は…タグ・ホイヤー?

結局レッドブルは、再度ルノーとの交渉を再開し、パワーユニット供給の契約を結び、パワーユニットのネーミングライツ(命名権)をタグ・ホイヤーが取得するという契約を発表するに至った。また、チームの公式計時および公式腕時計、パフォーマンスパートナーとしてタグ・ホイヤーと複数年契約を結んだことも発表した。

今後、レッドブルのF1マシンの正式名称は「Red Bull Racing -TAG Heuer RB12」になる。

タグ・ホイヤーとレッドブルとのコラボレーション

高級時計ブランドとして名を馳せたタグ・ホイヤーとレッドブルとのコラボレーション。

今まで散々な戦績を残してきたルノーのパワーユニットで勝負になるのか? などなど、気になることは山盛りだが、今後のレッドブルの活躍に期待したい。

参考 – TAG Heuer signs the Red Bull Racing Formula 1 Team、 Paul Williams、 Aurimas

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。