隠れ人気車!ルノー「カングー」に直噴ターボ&EDC搭載モデルが追加!

ルノー「カングー」に7月21日(本日)、新たな仲間が加わります。それが今回紹介する、1.2L直噴ターボエンジンと6速エフィシエント デュアル クラッチ(EDC)を搭載したルノー 「カングー ゼン EDC」と、同じエンジンに6速MTを組み合わせた「カングー アクティフ 6MT」です。

「カングー」だけで1,000台超が集まるほどの隠れ人気輸入車

ジャンボリー

ルノー・カングーと言えば、毎年5月に山中湖畔で開催されるカングージャンボリーに、カングーだけで1,000台超が集まるほどの隠れ人気輸入車です。5人乗りのミニバンとしての実用性と、オシャレでありながらも、ガンガン荷物を積める趣味性とを併せ持っています。

今回は、そんなカングーに追加される2モデルをご紹介しましょう。

カングー ゼン EDC

カングーEDC_外観走り

「カングー ゼン EDC」は、一般的な2.0Lエンジンに匹敵する性能を発揮する1.2L直噴ターボエンジンと、エンジンの力をスムーズかつ効率良く路面に伝える6速EDCが搭載されたモデル。

そもそもEDCとは何かと申しますと…ルノー正規ディーラー「ルノー小平」のブログに、「ルーテシアIV」用EDCについて詳しく説明されていましたので、ここに引用させていただきます。

一般的にはDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)と言われますが、EDCはそれのルノーでの呼び方なんです。基本的にはMTがベースですが、2ペダルで乗れるミッション。AT限定免許で乗れますよ。クラッチ盤が2枚入っていて、1速で走行中から2速目のギアを準備しておいて出来るだけロスが無いように瞬時に切り替えギアチェンジをするんです。

もちろん燃費のよさにも繋がりますし、とてもダイレクト感があり、運転が楽しいミッションです。これなら、ATがいい奥様とMTがいいご主人様(その逆も有るかもしれませんが。)お二人とも満足して乗って頂けるはずですよ!

そして、このルノーのEDCは国産のスポーツカーやレースカーでも実績があるミッションメーカーさんが作ったもの。信頼性も十分です。

よくご質問を受けますが、ドイツ車のDCTとの違いを私なりの見解で。ドイツ車のDCTはカチッ、カチッと点でギアが変更するイメージ。対してルノーのEDCは、(もちろんカチカチ切り替わるのですが、)どちらかというと、トルコンATのような滑らかな曲線で繋がって変わるイメージです。このやわらかなギアさばきもルノー車の特徴だなぁと思います。

参考 – ルノー小平

ということで、エンジンの高性能化と、それに合わせて便利かつ気持ち良い先端のミッションが搭載されているワケです。

カングー好きが気になるカラーですが、ジョン アグリュム、ブラン ミネラル、マロンショコラM、ノワール メタルM、ブルー エトワールM、ブルー コスモスMと6色のラインアップ(Mはメタリック)。いずれも既発売モデル「カングー ゼン」にラインナップされています。

車両本体価格は259万円(税込)。メタリックカラーは3万2,400円高になります。

カングー アクティフ6MT

カングーアクティフ6MT_外観

今回追加されるもう一台が「カングー アクティフ6MT」。カングー ゼン EDCと同じ1.2L直噴ターボエンジンに、思いのままの運転が楽しめる6速MTを組み合わせたモデルです。

カングーアクティフ6MT_内装

仕事や遊びでの使い勝手を高めるために装備をシンプルなものにしています。ブラックで統一された内装、落ち着いていて良い感じです!

カラーはブラン ミネラル、グリ メタンの2色。車両本体価格は235万円(税込)。高性能なダウンサイジング・ターボを搭載しつつ、価格が抑えられているのが嬉しいところ。これが「カングー」中で最安モデルとなります!

カングーは製造台数100万台を突破!

カングー生産100万台

先に記しました通り、日本でも隠れ人気車となっている「カングー」ですが、その人気は世界的なもの。母国フランスで郵便配達用として使われているのは有名な話。

初代モデルは1998年に製造開始、 以降モデルチェンジを繰り返しながら現在に至っています。本国フランスでは、乗用モデルと商用モデルが生産されており、商用モデルには3つの異なるボディサイズ(コンパクト、エクスプレス、マキシ)と、電気自動車の「カングーZ.E」がラインアップされています。

販売開始は7月21日

いかがでしたか? 高性能ダウンサイジング・ターボを搭載した両モデル。最新ミッション搭載の「カングー ゼン EDC」と、同エンジンを搭載しつつ価格をおさえた「カングー アクティフ6MT」。実は筆者ももうすぐ走行10万kmに届く「カングー」に乗っているのですが、特に今回の「カングー ゼン EDC」にはグッと来ました!

販売開始は7月21日(本日)ですので、気になる方は正規販売店へGO!

参考 – ルノー・ジャポン

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。