水陸両用車の異種格闘技戦!走破性抜群の万能車 vs 最強のモテ車!

子どもの頃、水陸両用車に憧れた記憶があります。大人になって、そんな事すっかり忘れてしまっていましたが…。

今回は、そんな少年の憧れ水陸両用を実現したばかりでなく、泥炭地や雪上を圧倒的な走破性で激走する「Sherp」と、最強のモテ車「Panther」の動画対決! アントニオ猪木 vs モハメド・アリ戦さながらの異種格闘技戦ですよ!

「Sherp」ATV

コチラが先攻のロシア製の水陸両用車「Sherp」。過去に当サイトで詳しくご紹介した車両です。ブッシュや泥炭地、雪上までも走破し、高さ1mの障害物を乗り越えて進むことができる、文字通りのATVです。エンジンはクボタ製ディーゼルで排気量は1,500cc、車両重量は1,300kgです。

湖の上をモッサリと進む不思議な物体。これが「Sherp」です。水上での速度は僅か6km/h…遅っ! 手漕ぎカヌー程度の速度でしかでませんが、安定感は素晴らしいの一言です。

さあ、ここから「Sherp」が万能性を発揮しますよ!

ど~ん! 陸に上がると、このままブッシュに突撃します!

グチャグチャの泥炭地なんて朝飯前です!

タイヤの潰れ方にご注目!これこそが万能性のヒントと言えるでしょう。

タイヤの直径は1m60cm。高さ1mの障害物も簡単に乗り越えて行きます。

続い場面は雪上。水分を含んだ重そうな雪上を難なく進むこともできます!

そして、そのまま湖にも突入してしまいます! 「おいおい、そりゃ無茶だろ」と思いますが…、

そう、「Sherp」は水陸両用。何事もなかったように進んで行きます。

それでは動画をどうぞ!

あらゆる路面を物ともせず、静かに、ゆっくり、確実に進んで行く「Sherp」。正直に言いましょう…凄いを通り越して、ちょっと怖いレベルです…。

それでは気を取り直して、後攻の「Panther」をご紹介しましょう。実はこの「Panther」も過去に当サイトで詳しく解説しているのですが、面白い動画が発掘できましたのでご紹介します!

Water Car 「Panther」

01

舞台はアメリカ西海岸的な高級住宅地。そこを颯爽と走る四駆的なこの乗り物が「Panther」。その「モテ車」としての実力をシカとご覧ください!

02

おぉ!いきなりビキニのお姉さんが登場!

03

「お待たせマイク、久しぶりね」と言ったかどうかは分かりませんが、とにかく同乗。マイクの視線は理想的な形状を描くガソリンタンクに釘付けです!

04

黒ビキニちゃんを乗せた「Panther」は、颯爽と住宅地を抜けて…

06

イキナリ海に突入します!

07

「沈んでしまえ!」という妬みに満ちた筆者の祈りも空しく…

13

快調に水上を疾走する「Panther」。水陸両用車のモッサリしたイメージを覆す爆走です!

15

ひとしきり水上で黒ビキニちゃんと遊んだマイク、あろう事か、オカワリを求めてビーチにてナンパを敢行しやがります!

どうでも良いですが、結構なイモ洗い状態のビーチです。すると…

16

キタ〜!あっと言う間に釣れちゃうのです。マイクのお友達も渾身のガッツポ〜ズ!

それでは動画をどうぞ!

いかがでしたか?この「Panther」、お値段は15万ドル(約1,500万円)。羽振りの良いブルジョワジーだけのための乗り物です。

異種格闘技戦の勝敗は…

最後に、気になる異種格闘技対決の勝敗を発表します…。異種格闘技対決と言えば、アントニオ猪木先生の時代から「引き分け」と決まっておりますので、今回の対決も引き分けとさせていただきます!

アホらしい異種格闘技対決を最後までお読みくださった皆様、誠にありがとうございました。次回からはかっこいいカスタムバイクなどを紹介しますね!

参考 –Sherp ATVWater Car、Youtube :SHERP ATVWaterCar Panther – The Most Fun Vehicle on the Planet! –
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。