スマートでエコな次世代EV(電気自動車)がズラリ! 【東京モーターショー2015】

国内最大のクルマの祭典、「東京モーターショー2015(10月30日~11月8日・東京ビッグサイト)」が現在開催中。
今回も、様々な注目車が展示されているが、その中でも今回は、最新テクノロジーを搭載したスマートさで環境にも考慮した次世代エコカーがずらりと出ている。

それらの中で、ここではEV(電気自動車)の4輪&2輪をピックアップして紹介しよう。

次世代のコンパクト電動SUV「eX concept」

th_1H3A3772

コンパクトボディのSUVが最近人気だが、ミツビシ(三菱自動車)が出してきたコンセプトモデルは、なんとEV!
クロスオーバー的な雰囲気を持つ流麗なフォルムに、センターピラーレスのイージーアクセスドアを採用。大容量・高性能バッテリーと小型・高出力モーターを組み合わせた次世代EVシステムを搭載することで、力強い走りを実現する。

th_1H3A3769

EVの弱点である航続距離も、なんと400kmを実現! クラウド対応人工知能などを採用したコネクテッドサービス「Mitsubishi Conect」で、安全運転支援も万全だ。また、様々な情報を写すARウインドシールドなども装備。まさに、近未来のクルマにふさわしいワクワク感満点のクルマと言えるだろう。

未来の軽自動車はインテリアが楽しい「TEATRO for Dayz」

th_1H3A3808

ニッサン(日産自動車)が、次世代の軽自動車を提案したコンセプトカーだ。

パワーユニットに電動モーターを搭載した電気自動車で、ポイントは真っ白なインテリア。シートやドア内張などをスクリーン代わりに使い、様々な映像を映し出すことで、インテリアを様々にアレンジすることができる工夫がなされているのだ。

th_1H3A3811

また、インストルメントパネルでゲームをしたり、様々なアレンジを通信でシェアすることも可能。クルマをデジタルガジェットとして自由に遊ぶ、新世代の若者層をターゲットにした提案だ。

th_1H3A3813

超小型オフロードEV「MBEV Concept」

th_1H3A3444

都市でのコミューターから、海や山などアウトドアでのレクリエーション用ビークルとして、ホンダが提案する2人乗り超小型EVだ。

着脱が可能なモバイルバッテリーを搭載、必要な航続距離に応じてバッテリー容量を選ぶことも可能だ。

th_1H3A3468
家庭用電源を使える充電器は超小型タイプを採用。家の中に置いておいてもジャマにならない大きさで、公共施設などに置いても省スペース化が可能だ。

th_1H3A3480

スポーツ電気バイク「PES2」&「PED2」

ヤマハ(ヤマハ発動機)が、電動モーターを搭載したスポーツバイクを提案したコンセプトバイクがこの2台。

th_1H3A3699

ストリートスポーツの「PES2」は、フロントにインホイールモーターを装備した2WDで、優れたダッシュ力を発揮する。

th_1H3A3689

オフロードタイプの「PED2」は、大自然の中をトコトコとのんびり走れるマウンテントレールギヤとしての提案。

どちらもサイズは原付2種クラスに相当し、フレームを兼ねたモノコック構造の新パワーユニットを採用しているのも同様だ。

th_1H3A3697

ちなみに、ヤマハでは、ロードスポーツタイプの電動アシスト自転車「YPJ-R」も展示。電動ユニットやバッテリーの存在を全く感じさせないスタイリッシュさが魅力だ。また、MTBタイプも同時展示してある。

th_1H3A3691

小型バッテリーで実用性充実「EV CUB」

th_1H3A3674

ホンダが誇るビジネスバイク「スーパーカブ」のEV版が登場!

バッテリーは、前述の4輪EV「MBEV Concept」と同様に車体から脱着が可能で、家庭用コンセントを使って充電することが可能だ。また、搭載位置は車体中央の低位置で、重量配分を最適化。取り回しがしやすく、優れた操作性を実現する。

th_1H3A3677
EVとなることで、「扱いやすく経済的」というコンセプトを引き継いだEV版。登場が楽しみだ。

「C evolution」は水冷モーター採用

th_1H3A3710b

BMWでは、電動スクーターの「C evolution」を参考出展している。

電動モーターは水冷式を採用、ブースターファン搭載の空冷式リチュウムイオン高圧バッテリーも搭載する。

th_1H3A3708

最高出力は35kW(48ps)/4,650rpmで、最高速度120km/hを発揮する。都心と周辺都市の移動手段として最適だ。

ここで紹介したEVたちは、いずれも近い将来、都市部を中心に使える手軽なコミューターとして最適。今回は、コンセプトカーも多いが、どう進化するか今後が楽しみだ。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。