「SRTデーモン」の流れを受けたダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャットワイドボディ」は800万円!?

以前、アメ車を代表するブランドの一つダッジと、その高性能車部門のSRTが、名車チャレンジャー」シリーズの2018年モデル「SRTデーモン」を発表したと紹介しましたが、今回は「SRTヘルキャット」のお話です。

2018ダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャットワイドボディ」

「チャレンジャー」の2018モデルには、すでに「SRTデーモン」が発表されていますが、今度は「SRTヘルキャット」の2018年モデルが登場しました。

人気の高い「SRTデーモン」の流れを受け継ぎ、「SRTヘルキャット」は「SRTデーモン」と同じく従来の「ヘルキャット」よりも3.5インチ広いオーバーフェンダーが装着されています。外観上の大きな変化は、このオーバーフェンダーによる部分が大きな要素を占めています。車名にある「ワイドボディ」もこのためです。

ピレリPゼロタイヤ装着でグリップ力アップ

タイヤスペースが広く確保できたため、20×11インチのスプリット5スポークアルミニウムホイールを装着し、305 / 35ピレリPゼロタイヤを履いています。従来の「ヘルキャット」に比べると、高いグリップ力を得たことで、全ての数値がアップしています。

6.2リッタースーパーチャージャーV8ヘミエンジンを搭載

高性能車部門のSRTが手を加えた「SRTヘルキャット」には、6.2リッタースーパーチャージャーV8ヘミエンジンを搭載し、707馬力を発揮。高性能グリップを誇るタイヤとの組み合わせにより、60mphの時間が3.4秒、194mph(312km)の最高速度を可能としています。

他の変更点と言えば、運転モードに幅が広がったことに加え、電動パワーステアリングが装備されています。

肝心の価格ですが、7万1,500ドル(約800万円)というのですからかなりの高額ですが、現行のアメ車の新車でマッスルカー気分が存分に味わえるという、新たな選択肢を提示してくれたのではないかと思います。それにしてもダッジって魅力的ですね。

参考-HICONSUMPTION
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。