スターウォーズ内装にファイヤーボディ!超魅せカスタム特選6【東京オートサロン2016】

日本が誇り、世界が注目する新年第一弾のカスタムカーショー「東京オートサロン2016」。

2016年1月15日〜17日に千葉県・幕張メッセで開催されたこのイベントには、今回もかなり注目のクルマが目白押し。それらの中でも、特に”魅せる”ことにこだわった出展車両たちを紹介しよう。

内装にスワロ4万個! LED5,000発で宇宙を演出!

th_1H3A7635

映画『スターウォーズ』のテーマ曲を大音量で奏でながら、ACG合同ブースに展示されていたトヨタ・プリウス。

th_1H3A7643
注目はインテリアだ。高級クリスタルのスワロフスキーを4万個もあしらい、5,000発ものLEDを装着することで、宇宙空間を演出。室内はさながら、美しい星空を眺めるプラネタリウムのような雰囲気になっている。

リヤのラゲッジスペースにも、アクリルやファイバーによりGROUND ZERO製アンプなどを包み込み、まるでスペースシップが宇宙を進んでいるかのようなイメージに。

th_1H3A7652

ちょうど最新作『スターウォーズ・フォースの覚醒』が公開中だし、かなりタイムリーなカスタムだと言えるだろう。

とにかく、「これがエコなハイブリッドカー、プリウスの内装? 」と目を疑いたくなるほどの出来映えだ。ただ気になるのは消費電力…かなり電気を食いそうだけど、そんなことを気にしていてはカスタムできません! とにかくブラボーな1台だ。

リアルな炎に立体オーディオメイク

th_1H3A7576

プロショップのOF Customsが製作したトヨタ・スープラ。注目はボディペイントとカスタムオーディオだ。

th_1H3A7573

ボディのグラフィックは、リアルフレイムスという手法。フレイムス(ファイヤーパターン)は、エアブラシ・アーティストTomohiro作で、立体的に描かかれた炎は、まさに”リアル”だ。

th_1H3A7585
リヤラゲッジスペースやインテリアには、ロックフォード製アンプやスピーカーを搭載。ファイバーを駆使して作られたその造型は、3D感が満点。ちなみに、エンジンはレクサス・LS430用のV8に換装。走りが充実しているのも魅力だ。

th_1H3A7580

ラメ入りペイントやアクリルワークが光る!

th_1H3A7587

カスタムカー製作などのプロショップ、PROGRESSが出展したランボルギーニ・ディアブロ。

ボディには、ステラという超微粒子のラメが入った塗料を使用。ドアなどのブルーの炎は、こちらもリアルフレイムスで、ピンストライパーの泉総合芸術會が担当。ボディ下に入れたLEDなどと相まって、怪しげな雰囲気を醸し出している。

th_1H3A7592
ボンネットには、アクリル板でウインドウを作り、ランボルギーニ・マークもペイント。フロントラゲッジ内にデコレートした、GROUD ZERO製アンプなどが外から覗くことができる演出だ。

th_1H3A7600

コクピット内には、センターコンソールにiPadをセット。アメリカのAuto Meter製デジタルメーターは、GPSで走行地点の速度計測ができるハイテクマシンだ。

th_1H3A7605

とにかく、派手さは満点。イタリア人もビックリ! のランボなのは間違いない。

レザー風シートを貼ったメーカー純正カスタム

ニッサン・ブースでは、フランスのファンション・ブランド「ロリータレンピカ」とコラボした車両が展示されていた。

■ジューク

th_1H3A7305

■ノート

th_1H3A7316

■マーチ

th_1H3A7323

th_1H3A7317

3台は、同じようにルーフにブラックレザー風のフイルムを貼りラッピング加工。

シートは、リアルなブラックレザーで、車種で異なるボタンも装備。ダッシュボードやフェンダーなどには「ロリータレンピカ」のロゴエンブレムも装着して、人気ブランドとのコラボをアピールしている。

th_1H3A7328

ちなみに、マーチは、フランス・ニッサンで限定車としてすでに販売されている仕様と同じ。

th_1H3A7324

ジューク、ノートも含め国内導入されるかは、今回のショーなどでの「反響を見て」とのことだ。

th_1H3A7438

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。