あの名優も出演!全米最大の祭典「スーパーボウル」中継時に流れる歴代クルマ系CMベスト5

スーパーボウルは、ある意味アメリカ最大のお祭りだ。ご存じの通り、プロアメリカンフットボールリーグNFLの優勝決定戦なのだが、この日は全米がスーパーボウル一色となると言っても過言ではない。事実上、アメリカの祝日でもあるし、食料の消費量は感謝祭についで2番目。スタジアム観戦はもちろん、見に行けない人はテレビの前に釘付け、毎年最高視聴率を更新するほどの熱狂ぶりだ。

ちなみに、2016年の第50回大会は、2月7日にカリフォルニアで開催された。デンバー・ブロンコス がカロライナ・パンサーズを24対10で破っている。

スーパーボウル中継の合間に放映されたCMベスト5を紹介

そんなスーパーボウルのテレビ中継では、毎年様々なメーカーがスペシャルなテレビCMを製作して放映。中でも、スポーツとの親和性が高いのか、クルマ関連のCMも数多く、様々なアイデアや趣向を凝らした作品がごまんとある。

アメリカのメディアサイト「THRILLST」は、そういったクルマ関連のCMに注目。1970年代から2010年頃までに、スーパーボウル中継の合間に放映されたものの中から、選りすぐりのフィルムをチョイスしている。どれも、ついつい見入ってしまうほどワンダフルな出来映え。中でも、筆者的に面白かったベスト5を紹介しよう。

1:バドワイザー&ポール・ニューマン(1980年)

ビールメーカ-、バドワイザーのCM。なんと、ハリウッド映画の名優ポール・ニューマンが出演! 当時、バドワイザーがスポンサードしていた、レーシングチームCan AM Racingの監督だったことから出演しているようだ。映画好きおじさん(筆者)には、超懐かしい!

2:爆走! ニッサン300ZX(1990年)

ニッサン「300ZX」、日本ではZ32型の「フェアレディZ」として発売れさていたモデルのCM。当時のZはアメリカンマッスルカー的なスタイルや速さが人気。CMではバイクやフォーミュラーカーさえ追いつけないという、Zのポテンシャルの高さをアピールしていた。

3:GTOの”謙虚”な排気サウンドとは?(1970年)

マッスルカーの代表車のひとつポンティアック「GTO」のCM。タイトルは「The Humbler(より謙虚に)」だ。CMの中で、「GTO」に乗るドライバーが運転席のノブを引くと排気音が激変! 見事な重低音サウンドを奏でる。

このノブは、1970年型にオプション設定されていたVOE(Vacuum Operated Exhaust)という排気デバイスの切替スイッチ。オンにすると、高回転で排圧を減らしパワーアップさせるシステムなのだが、同時に排気音も増大。CMは、これを称して「より謙虚に」という、ちょっとヒネったタイトルを付けたのだ。が、逆に「道徳的でない」と問題にされてしまい、VOEは以後廃止に…。

4:極寒の中でフルオープンはさすがに… 2005年

フォード「マスタング コンバーチブル」のCM。雪が積もった極寒の交差点で、フルオープンにしたマスタング コンバーチブルが停車中。が、信号が青なのに発進しない。そこに1台のパトカー。ドライバーに注意しようとした警官が見たものは?

ドラマや映画だったら、この後に事件などが起こりそうな気配…そんな意味で、とっても印象深いCMだ。

5:300ZXでG.I.ジョーがバービーをお迎え。その時ケンは?(1994年)

またもや登場!ニッサン「300ZX」。これは1990年式が出てくるバージョンで、アメリカで人気の人形キャラたちが大活躍。男の子に人気の人形G.I.ジョーが「300ZX」のミニカーに乗って、女の子に人気のお人形バービーの家へデートのお迎えに行く。そして、バービーの恋人のケンが呆然とそれを目撃! この後、ちょっと修羅場になる予感!? 昼メロ的大人なストーリーを、子供に人気の人形でやるところが面白い。これも秀逸なCMだ。

6位以下もなかなか秀逸だ

他にも、クルマ絡みのスーパーボウルCMには面白いものがまだまだたくさん。以下に、幾つか紹介するので、是非ともご覧あれ。

フォードGT(2004年)

タイトル通り、フォード「GT」のCM。サーキットを走る流麗さと緊迫感とが上手くまとまっている。

アウディR8(2008年)

https://www.youtube.com/watch?v=77qfK8XzeDE

アウディ「R8」のCM。豪華な洋館でまどろむ主人の身に起こった驚愕の出来事。ドラマ仕立てのユニークなデキだ。

アウディA6(2009年)

アウディ「R8」のCM。映画『ワイルドスピード』を彷彿とさせるカーアクションが堪らない。アピール度の高い良いCMだ。

メルセデスベンツ(2011年)

https://www.youtube.com/watch?v=z-YMCeiwGsI

タイトル通りメルセデスベンツのCM。歴代メルセデスの名車たちが一同に会する、エンターテイメント性の高いCMだ。

ニッサン ファーザー・アンド・サン レーシング(2015年)

こちらもタイトル通り、ニッサンのCM。レーサーの父と息子の姿を描くドラマ仕立て。何とも感動的なCMだ。

アウディ グリーン・ポリス(2010年)

アウディのCM。タイトル通りで、グリーンポリスが証拠を集めて活躍する。逮捕劇が堪らない。

海外のCMはユニークなものが多いが、中でもスーパーボウル中継中に流れるCMは粒揃いだということがお分かりいただけたろうか? これからも、こういったユニークなCMを紹介していきたい。

参考 – Youtube : Paul Newman Budweiser Can AM Racing Commercial Nissan 300ZX Twin Turbo Commercial.、 1970 GTO Humbler with VOE、 Commercial – Ford Mustang Convertibl1990’s Nissan 300ZX CommercialFord GT “The One” Audi R8 Godfather Funny Superbowl Commercial 2014 Contender CARJAM TV HD Audi R8 ReviewAudi Superbowl Commercial Starring Jason Statham Mercedes-Benz Super-Bowl Welcome CommercialSuper Bowl 2015 Commercial NISSAN Like DadThe Best Super Bowl Car Commercials of All Time(THILLIST)

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。