2017年が待ちきれない方へ!東京オートサロン2017の出展車両をフライング気味に紹介!

2017年1月13日(金)~15日(日)に千葉県の幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2017」。言うまでもありませんが、日本最大級のカスタムカーイベントです。

先日、各メーカーより同イベント出展車両が続々と公開されましたので、ここではトヨタ、ホンダ、日産の出展車両をご紹介しましょう!

日産の出展は?

事前にスポーツカーの画像を公開してくれたのが日産。タイトル画像は「SKYLINE Premium Sport Concept」。2017年で生誕60周年を迎えるスカイラインをベースに、カーボンエアロパーツの装備、外観のクロームパーツをよりスポーティなダークカラーで統一しマットカラーとのコントラストを高め、更にリアビューを引き立てる専用エグゾーストを装着しています。

「GT-R NISMO N Attack Package」。レーシングカー譲りの究極のパフォーマンスを実現するためにファクトリーチューンを施した、NISMOシリーズのフラッグシップモデルです。

ニュルブルクリンクサーキット北コースで量産車世界最速ラップタイムを記録した、N Attack Package A-Kitを装着しています。

変わり種はコチラの「LEAF NISMO Performance Package」。前後のリフトバランスを最適化するなど、NISMOのレーシングテクノロジーに裏づけされた空力性能を発揮するエアロパーツ、サスペンションキットをはじめ、より楽しい走行を提供する「スポーツリセッティング」コンピューターチューニングなどを装着しています。

トヨタの出展は?

(正確にはTOYOTA GAZOO Racing ブースになりますが)トヨタは、「Vitz」と「AQUA」をベースにした新たなコンセプトモデルを出品します。

ラリー好きにはコレ! 2017年1月20日から開幕するFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「Yaris WRC」を国内初として出展する。また、12月14日に発売した”C-HR”のカスタマイズカーやニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両、歴代のWRCで活躍した参戦車両なども出品。

そして、LEXUS GAZOO Racing ブースでは「LEXUS RC F」をベースとした最新のGT3カーを世界初公開するとのこと。これが当日の目玉になりそう!

ホンダの出展は?

ホンダは、「FREED」をさらにしなやかで上質な乗り味に仕上げたコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズのコンセプトモデル「FREED Modulo X Concept」に加え、

「FREED+(フリード プラス)」にアクティブなスタイリングとユーティリティー性能を加え、アウトドアスポーツを楽しむライフスタイルを提案する「FREED ACTIVE Concept」などを出展。フリードシリーズに新たな世界観を演出します。

スポーツカーでは、2016年8月に日本で発表したスーパースポーツモデル「NSX」や、オープンスポーツ「S660」をブラウンのボディーカラーやレザーシートでコーディネートした「S660 Bruno Leather Edition」などを展示します。

東京オートサロン2017は1月13日(金)~15日(日)開催!

いかがだったでしょうか。トヨタ、ホンダ、日産の出展予定車をさっと紹介してみました。

他にも当日、発表される魅力的なモデルが多数ありますので、皆さん、「オートサロン2017」の会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

  • 開催期間:2017年1月13日(金)~15日(日)
  • 会場:幕張メッセ
  • 特別入場:1月13日(金) 14:00〜19:00/一般特別公開
  • 1/13入場料:当日3,200円、前売り2,600円
  • 一般入場:1月14日(土)、15日(日)
  • 1/14〜15入場料:当日2,200円(大人)/ 1,700円(中・高校生)、前売り:1,800円(大人のみ)
  • 全日とも小学生以下無料 ※保護者同伴に限る

自動車カスタムの”イマ”を体感できる 「TOKYO AUTO SALON 2017」の概要が決定!

参考 – 東京オートサロン2017トヨタホンダ日産
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。