ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンのアイコンモデルである「The Beetle(ザ・ビートル)」のエントリーグレードとして、「The Beetle Base (ザ・ビートル・ベース)」を新たに設定し、7月7日(火)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を開始することを発表しました。

ザ・ビートルの中で最もお手頃価格!

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ザ・ビートル・ベースの価格は、ザ・ビートル・デザインよりも30万円以上安い229万9,000円(税込)と、2011年のザ・ビートルの導入以降もっともリーズナブルな価格設定となっています。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ベーシックでありながら、ブレーキアシストやエマージェンシーストップシグナルなどの安全装備は他のグレードと同様となっています。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ナビやレインセンサー、クルーズコントロールなどは省かれてはいものの、ドアトリム、ステアリングホイールトリム、サイドスカートなどがブラックカラーになるなど特別色の専用装備を搭載しています。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始 ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ボディカラーはトルネードレッド、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリックの人気色4種類が用意。また、ビートル・ベースは、カスタムベースとしても利用しやすいように、ストライプフィルムなどのオプションパーツが豊富にラインナップされています。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

リアスポイラーはもちろん、フロントスカート、ディフューザー、サイドフィルムなど、自分だけのマイ・ビートルが作れます。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ホイールデザインだけでも7種類あるのも嬉しい。

同じタイミングで装備&価格の嬉しい見直しも実施!

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

合わせて、その他グレードの一部装備と価格を改定したのが、「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」と「The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)」です。

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ワーゲン「ザ・ビートル」に最も買いやすいベースモデルが追加!7月7日から販売開始

ザ・ビートル・デザインにはレインセンサーやオートライトシステム、スマートエントリー&スタートシステム”キーレス・アクセス”を標準装備とし、価格を従来よりも4万9,000円下げて260万円になりました。

また、「The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)」は、これまで標準装備だったナビゲーションシステムがオプションとなり、オプション設定だった「Coolsterパッケージ」が標準装備となったほか、ダークティンテッドガラスや3連メーター、バイキセノンヘッドライトなどを追加装備して、価格を従来よりも26万6,000円下げて334万9000円と、かなりお求めやすく変更されました。

ちなみに、初代ビートルが誕生した1938年から数えて今年で77年目にあたることから、発売日を7月7日(火)に設定したとのこと。気になった方は、一度ザ・ビートル・ベースの特設ページを見てみてはいかがでしょうか。

余談ですが、特設ページでは「The Beetle Base」ではなく「The  eetle Base」と表記され、”B”が取り除かれています。Bが取られてる…Bとる…ビーとる…、ビートル!!

【関連記事】

ワーゲンビートルとヒトラーの意外な関係

これは欲しい!元気に走り回る小さいワーゲンバス!!

カリオストロの城の時のルパンの愛車「フィアット500」の歴史とは?

夏にぴったりなMINI CROSSOVERベースの日本限定2モデル

ボンネットの下にポルシェ911エンジンを隠し持ったワーゲンバス

参考 – フォルクスワーゲン グループ ジャパン

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。