【東京モーターショー2017】4輪編:マツダが世界初公開した2台のコンセプトカーが魅力的過ぎる!

東京モーターショーで、多くのクルマ好きから喝采を浴びているのがマツダでした!

マツダは”夢と現実”を見せてくれる!東京モーターショーのマツダブースはツボをおさえている!

過去記事でご紹介しました通り、事前情報では2台のコンセプトカーを世界初公開する、とのことでしたが、その2台が予想を上回る出来なのです!

ここではマツダの未来を示す2台のコンセプトカーをご紹介しましょう!

「魁 CONCEPT」は次世代商品コンセプトを体現!

内燃機関を搭載するクルマとしての理想を追求し、マツダの次世代の技術とデザインを融合した世界初公開のコンパクトハッチバックコンセプトです。パワートレインには次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載しています。

人間中心の思想を突き詰めた次世代ビークル・アーキテクチャーと合わせて、洗練された走行性能を実現。デザインでは研ぎ澄ましていくことで生まれるピュアな美しさ、ハッチバックならではの力強い塊感を追求しています。

「日本の美意識」を体現し、よりアーティスティックな表現を目指す次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮して、マツダが考える理想的なハッチバックを描きました。

さて、この「魁 CONCEPT」が搭載するのは次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」。ガソリンエンジンならではの伸びのよさに、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・レスポンスといった特長を融合。誰も成し得なかった革新の内燃機関とされています。

マツダ独自の燃焼方式「SPCCI( Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて目途を付けています。

かつてないほどシャープなレスポンスやトルクフルで爽快な加速感を、これまで以上の低燃費・環境性能とともに楽しめるエンジンを実現します。

流麗なハッチバックスタイルのエクステリアを持つ「魁 CONCEPT」ですが、インテリアはというと……人とクルマの一体感を感じさせながら、タイトになりすぎることなく緩やかに包まれる自然な空間創りを目指しています。

そのため「引き算の美学」を体現。ご覧のように極めてシンプルなインテリアとされています。コレはドライビングを楽しみたいクルマ好きには好まれる予感。

マツダが追求し続けている「人馬一体」の考え方が研ぎ澄まされていることが、インテリアからも伝わってきます!

これまでのどんなハッチバックとも違う、誰もの心を一瞬で魅了し、本能を揺さぶるような、色気のある魅力的な存在を生み出したい。その想いのもとに、従来の常識や概念にとらわれることなく、ハッチバックとしてありたい理想の姿をシンプルかつ美しく描いたモデルが、この「魁 CONCEPT」なのです。

「Vision Coupe」は次世代デザインを現す!

「魁 CONCEPT」は次世代”商品”を体現するコンセプトカーでしたが、コチラの「Vision Coupe」は次世代”デザイン”を現すコンセプトカーとして展示されました。

マツダが目指す「エレガントで上質なスタイル」を描いたデザインビジョンモデルです。

ところで、このコンセプトカーを覚えていらっしゃいますか?2010年にマツダが発表した「靭(SHINARI)」です。デザインテーマとなる“魂動(こどう)-Soul of Motion”を体現したデザインコンセプトカーでした。

この2010年以来、マツダでは生命感溢れるダイナミックなデザインのクルマを創造してきました。「クルマに命を与える」、これがマツダの哲学であり、普遍的なものとして、今後とも継続し伝統に繋げていきたいと考えているそうです。

一方、その価値を継続させるには、常に深化させることが重要。今後は日本の美意識を礎とした「新たなエレガンス」の表現を追求して行くそうです。

さて、今回発表された「Vision Coupe」、その基本骨格は伸びやかな4ドアクーペです。クルマらしい美しさ、マシンとしての性能の高さを感じさせるシルエットとされています。

そのうえで、要素を削り落として「引き算の美学」を体現したシンプルなフォルム、ショルダー部のシャープな光、ボディサイドのリニアに変化し続ける光と影の移ろいを創り込み、その繊細な動きのコンビネーションによって、より自然な新しい生命感を表現しています。

ところでマツダが言う「エレガンス」とは、日本の美意識に通じる「控えめでありながら豊かな美しさを持つ」ことを意味します。凛とした印象の中にもどこかゆとりがあり、艶がある。このイメージを、マツダらしい「エレガンス」としてクルマのデザインに表現したいと考えているそうです。

日本の美意識とは、これ見よがしに主張するものではなく、繊細なバランスの上に成り立つもの。そのため、マツダの次世代デザインでは、「魁 CONCEPT」でも表現されていましたが、「引き算の美学」、つまり余分な要素を削ぎ落としたシンプルなフォルム、そして研ぎ澄まされた繊細な光の表現でクルマに命を吹き込むことに挑戦して行くそうです。

「Vision Coupe」は、マツダが言う

古来より培われてきた繊細な日本の美意識、その根底に流れる本質を解釈して、次世代デザインではそうして、より自然な生命感を感じさせる「エレガントで上質なスタイル」を描いていくことを目指します。

決意を現すデザインコンセプトを表現したモデルなのです。

2台のコンセプトカーは一見の価値アリ!

いかがでしたでしょうか?マツダの次世代商品コンセプトカー「魁 CONCEPT」と次世代デザインコンセプトカー「Vision Coupe」。共に素晴らしい完成度であり、「魁 CONCEPT」は近い将来、同社のクルマに反映されそうな期待感があります。

マツダ好きは勿論、そうでない人も、この2台のコンセプトカーは一見の価値アリです!皆さんも是非、マツダ・ブースに足を運んでみてください!

参考-マツダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。