【東京モーターショー2017】4輪編:トヨタが発表した主要コンセプトカーを一挙公開!

当サイトで掲載している【東京モーターショー2017】の記事は、これから4輪編です。

4輪編の最初は、世界初公開モデルを多数投入してくれたトヨタから!

「Tj Cruiser」は想像通りの完成度!

車名の「Tj CRUISER」は、アクティブに“使い倒せる”TOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタのSUVラインアップに伝統的に使用してきた「CRUISER」を用いて力強さを表現しています。

「仕事」と「遊び」を垣根なく楽しむ新たなライフスタイルでの使用をイメージした、ということです。

VANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合。VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルを表現したデザインとされています。

ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用。

室内は助手席側をフルフラットにすることができ、ロングサーフボードや自転車など、約3メートルの長い荷物を楽に積み込むことが可能、との触れ込みです。

自転車は3mもありませんからサイクリストの需要を見込むのはナニですが、アウトドア・イメージを持たせたい、ということなのでしょう。

次世代のTNGAプラットフォームを想定しており、パワートレインは2Lクラスのエンジン+ハイブリッドシステム、駆動方式は前輪駆動および4輪駆動と発表されています。

実車を見る限り、實に完成度が高く、このギアっぽさは好ましいと感じました。

「GR HV Sport」は新ハイブリッド・システムに期待!

スポーツカー好きが注目していたのは、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」ではないでしょうか?

“環境”というワードと相反しそうな、全身マットブラックにペイントされた意外性に心を打たれます。

  • 世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザイン
  • トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」や「スープラ」に設定された”エアロトップ”スタイル
  • 「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載

という3点が主な特徴とされています。

実車を眺めてみると、「TS050 HYBRID」を想起させるデザインという部分はサッパリ分からなかったのですが、”エアロトップデザイン”は実にハマっています。

この写真は、”エアロトップ”の美しさを見せたいワケではありません。注目して頂きたいのは、その後ろ。ハイブリッドバッテリーを車両中央付近に搭載しているのです。

重量物である駆動用バッテリーを車体中央付近に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献しています。

プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせています。また、ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用しています。

この辺りは、このコンセプトカーに向けた遊びと捉えられます。

ちなみに、コチラがデザインソースとされた「TS050 HYBRID」。そのパワートレインは……2.4リッターV6ツインターボ過給ガソリンエンジンに、8MJ対応のハイブリッド・システムを組み合わせる構成。

2017年モデル発表時には、全面改良されたハイブリッド・システムについて言及しており……

モーター/ジェネレーターユニット(MGU)は更に小型化され、改良された高出力型リチウムイオン・バッテリーと共に軽量化にも貢献している。こうして進化した高度なハイブリッド技術は、市販車にフィードバックされ、一般のお客様へ展開されると共に、将来にわたっての「もっといいクルマづくり」に繋げられる。

とされていました。

この「GR HV Sport」は、”THS-R”の市販車搭載に向けたデザインスタディと考えられます。エコカーが一気にEVにシフトしている現状を鑑みると、ハイブリッドの賞味期限が見えて来ています。

とは言え、環境と性能を両立する”THS-R”は魅力的なパワートレインと言えましょう。搭載モデルの市販化に期待したいところです。

「Fine-Comfort Ride」は燃料電池自動車の可能性を示す!

次世代パワートレインの主導権争いで、すっかり旗色が悪くなってしまった燃料電池。しかしトヨタは粘り強く、燃料電池自動車のコンセプトカーを発表しています。それが、この「Fine-Comfort Ride」。電動車ならではの自由なレイアウトと水素をエネルギー源とする大電力量を活かし、「プレミアムサルーンの新しいかたち」として提案されています。

走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能と3分程度の水素充填で充分な走行距離を得られる利便性に加え、FCVの更なる可能性を追求しています。

車両前方から中央にかけて上下左右に広がりを持たせ、後部にかけて絞り込んだダイヤモンド型キャビンを採用。2列目シートの空間と空力性能を最大化しています。

インホイールモーターの採用、タイヤの四隅配置やボディー下をカバーで覆うことによって、プレミアムサルーンにふさわしい、高い走行安定性と静粛性を実現しています。

それより何より、プレミアムサルーンということで、ご覧のデカさに驚かされます。

全長×全幅×全高=4,830mm×1,950mm×1,650mm、ホイールベースは3,450mmとされています。

インテリアのテーマは「Wearing Comforts(快適な空間に包まれる)」。移動するための「乗り物」ではなく、乗員に移動以外の価値を提供する将来のモビリティを具現化した、と発表されています。

その実現のために、自由な姿勢に調整可能なシートを中心に、エージェント機能やタッチディスプレイを配置して、乗員は自由に情報へアクセス可能。シートレイアウトも自由に調整でき、「Fine-Comfort Ride」を”個の空間”としても”個×個のコミュニケーション空間”としても使用できる、とのことです。

「Fine-Comfort Ride」は、約1,000kmの航続距離を実現するそうです。ココが燃料電池自動車がEVに対して優位な部分なのでしょうね。

EV勢と比較すると遠い未来となってしまった感のある燃料電池自動車。インフラ整備や安全性確保など、課題は少なくないものの、この航続距離は魅力なのですが……。

「Concept 愛i-RIDE」は未来の都市モビリティ!

さて、ここからは駆け足で!

「Concept-愛i RIDE」の特徴を要約すると……

  • 「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトに、ユニバーサル性を重視した小型モビリティ。ガルウィング、電動ユニバーサルスライドシート、ジョイスティックなどを採用し、車いすユーザーにとって使い勝手のよいモビリティを追求
  • シートレイアウト、自動運転機能により、誰でも「安全・安心」に運転できるクルマを提供
  • シェアリングサービスでの活用も想定。より多くの人と共有することで、ユニバーサルなモビリティを手軽な存在にした

というコンセプトカー。

「CROWN Concept」&「Century」も登場!

2018年の発売を目指して開発中とされている次期「クラウン」のコンセプトカーもワールドプレミアされました!

「Fun to Drive」を突き詰めた革新的な走行性能は当然のこととして……

トヨタは、この「Crown Concept」発表に合わせて……

  • 市販する次期「クラウン」に車載通信機を全車標準装備して展開を図る。
  • トヨタはクルマ本体の先進技術だけではなく、信号情報やクルマ同士と“つながる”ITS Connectを普及させることで、社会全体で安全を守ることを目指す。
  • モビリティサービスプラットフォームを活用することで、渋滞削減をはじめ社会問題の解決に貢献する。車載通信機を介して取得した車両情報をもとに車両を遠隔で診断し、故障や整備の必要性を予知。コールセンターを活用した迅速かつ適切なサポートを行う。

と発表しています。

コネクティッド技術とそのサービスを本格的に具現化すべく、革新的進化を追求する最先端モデルに、次期「クラウン」が設定されているようです。

新型「センチュリー」や「Concept 愛i WALK」も!

いかがでしたでしょうか?この記事では紹介しきれないほどに充実しまくっているトヨタブース。

ハイブリッドにEV、燃料電池自動車に市販予定車のコンセプトカーと、トヨタらしく全方位を網羅した展示とされています。さすがの底力ですね!皆さんも是非トヨタブースでクルマの未来を感じてくださいね!

参考-トヨタ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。