ターボエンジン搭載モデルに注目!トヨタ「ハリアー」がマイナーチェンジされて魅力倍増!

なかなか人気が落ちないことで知らているトヨタ「ハリアー」。現行モデルの発売開始は2013年と、登場からそれなりの時が経っているのですが、「CR-V」が登場したことで再び注目を集めています。

ラグジュアリーなSUVとして根強い人気を集めている「ハリアー」がマイナーチェンジを受けて魅力を増しています!

マイナーチェンジの概要は……

そもそも現行「ハリアー」は初めて国内専用車として開発されました。高級クロスオーバーSUVのパイオニアらしい独自のスタイリングに加えて、先進装備を積極的に採用しており、高級感と先進性が進化していました。

今回のマイナーチェンジのテーマは「ハリアーネスのさらなる進化」。滑らかで爽快な加速感を実現する2.0L直噴ターボエンジンが新採用されており、スポーティさを追求しているのが最大の注目ポイントです。

より進化した都会的なエクステリアに加えて、アルミヘアライン加飾を施したシフトパネルやプレミアムナッパ本革を採用したシート表皮など、「本物感」から「本物」を追求したインテリアを実現しています。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をはじめとする安全装備の充実を図るなど、細部にわたる改良が施されています。

今回は、最大の注目モデルである、ターボエンジン搭載車を中心にご説明します。

注目はターボエンジン搭載モデルの追加!

コチラが新たに搭載される2.0L直噴ターボエンジン。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-i(吸気側VVT-iW)を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現する直噴技術D-4STを採用することで、低回転域から強大なトルクを発生。滑らかで爽快な加速フィーリングを実現しています。

最高出力は170[231]kW[PS] / 5,200~5,600rpm、最大トルクは350[35.7]N・m[kgf・m] / 1,650~4,000rpmです。

それに合わせるトランスミッションには6Super ECTを搭載するとともに、マニュアル感覚のシフト操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを採用。素早い変速とスムーズな加速を実現しています。

ターボエンジン搭載モデルは、フロント・リヤにパフォーマンスダンパーを搭載。車両のロール剛性を上げることで、高速走行時における優れた直進安定性や操縦安定性を確保しています。

さらに……

  • 走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加し、より力強い加速感とスポーティ感あふれるハンドリングを両立
  • 専用の18インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)を標準装備

と、走行性能に関わる部分でも専用装備が満載。ターボエンジンに見合うアップデートが施されています。

エクステリアはグリルを中心に変更

専用フロントグリル(アッパー)と共に……

専用フロントグリル(ロア)を採用。さらに……

スモーク調メッキ加飾ヘッドランプを新採用することで、表情が引き締まった印象です。

インテリアは本物を追究!

シート表皮はウルトラスエード®+合成皮革(ブラック×レッド)の組み合わせとされています。

シフトパネル(メタルカーボン)が採用されています。

加えて……

本革巻き3本スポークのステアリングホイール(レッドステッチ×ディンプル加工)が採用されています。

先進装備の充実によるハリアーネスの強化

またターボエンジン搭載車を含めた全車に共通した改良点としては……

安全・運転支援

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備しているほか……

  • シフトレバー操作と連動して自動的に作動と解除を行える電動パーキングブレーキを設定
  • 「HOLD」スイッチを押し、システムONの状態にしておくことで、渋滞や信号待ちなどでブレーキを踏んで停車した時にブレーキを保持できるブレーキホールドを設定
  • インテリジェントクリアランスソナーの機能を強化
    1. 低速走行時などアクセルが踏まれない場合も作動
    2. 超音波センサーを8個に増やし、右左折時やハンドルが切れている状態でも衝突緩和が可能
    3. ワイパー高速作動時も作動

などが挙げられます。

快適装備

ドアミラーにエンブレムマーク付ドアミラー足元照明を設定。ハリアーの象徴である鷹のエンブレムマークを映し出すことで、夜間の乗降時に遊び心を演出しているほか……

  • T-Connect SDナビゲーションシステムのディスプレイを9.2インチに拡大し、視認性に配慮
  • スイッチ操作で自動的に開閉できるパワーバックドアに予約ロック機能を追加し、バックドアが閉まりきるのを待たずにロックが可能。また、マルチインフォーメーションディスプレイでパワーバックドアの開度を5段階で調整可能なほか、お客様の好みの高さを記憶させることも可能とし、利便性を向上
  • フロントシートにシートベンチレーション機能を設定したほか、パワースイッチのON、OFFやシートベルトの脱着により、運転席のシートが自動的に前後にスライドしスムーズな乗降をサポートする運転席オートスライドアウェイ機能を設定し、利便性を向上

という変更が加えられています。

気になるお値段と発売日は……

さて、気になるターボエンジン搭載モデルの車両本体価格(消費税込み)は……4WDの最低価格モデルで357万4,800円。ラグジュアリーSUVと考えれば、まずまずのお値段です。

6月24(土)・25日(日)が店頭発表会となりますので、気になった方は全国のトヨペット店へGO!

参考-トヨタ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。