コレは意外!13年ぶりに復活するトヨタ「ハイラックス」の主なターゲットはあの方々でした!

バイク好きの間では、多くの名車が新排ガス規制対応を受けて生産中止になるという、悲しいニュースが飛び交っていますが、今回は明るいニュース!

トヨタ「ハイラックス」が13年ぶりに日本市場に投入されるのです!

日本での販売希望!三菱がイギリスの商用車展示会に出品した「L200デザートウォーリアー」がカッコイイ!

過去記事でもご紹介していますが、日本メーカーは海外では魅力的なピックアップを販売しているのですが、相対的に縮小傾向にある日本市場での販売は見合わせているモデルが少なくありません。

今回は、そんななか日本市場で復活を果たす「ハイラックス」をご紹介しましょう!

「ハイラックス」のターゲットは団塊世代だった!

コチラが今回発表された新型「ハイラックス」。1968年の発売開始以来、約180の国・地域で販売されており、累計世界販売台数は約1,730万台にも及びます。

グローバルに見れば堅調ではあったものの、なぜ今、国内で復活するのでしょうか?

開発責任者である前田昌彦チーフエンジニアは……

日本国内では2004年に販売を終了しましたが、主に作業で使用する保有者が現在もなお約9,000名いらして、復活して欲しいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたい

と語っています。

国内販売復活の第一義は、実用で使っている方々への対応だと言うのです。さらに驚いたことに……

モノの機能的価値のみならず、モノを所有することで得られる特別な体験や時間といった意味的価値をご提案していきたい。(中略)『はつらつとした人生を楽しみたい』という思いを抱いている団塊世代のお客様に対し、アクティブなライフスタイルを送っているという表現の一助になることを期待しています。

と語っています。

真のターゲットは、かつての「ハイラックス」を知る団塊の世代なのです!

そのため今回公開されたイメージ画像は、この写真に象徴されるように、見事なまでにバブル臭を漂わせているのであります。

新型「ハイラックス」の概要

さて、ここからは車両のご紹介。

働くクルマの面影も魅力となる「ハイラックス」のエクステリアは、「タフ&エモーショナル」をコンセプトに、迫力と躍動感を表現しています。

全長×全幅×全高=5,335×1,855×1,800mm、ホイールベース3,085mm、車両重量2,080kg(Zグレード)、乗車定員は5名です。

搭載するエンジンは、2.4Lディーゼルエンジン「2GD-FTV」の一択。低回転域でも高トルクを発揮する動力性能を備えます。

トランスミッションも一択で、6Super ECTが採用されています。

また、ご覧の通りの高強度のフレームに加えて、振動減衰を高めるサスペンションを採用。オンロードのみならず、オフロードでも優れた走行安定性と乗り心地を確保しています。

この辺りは、あらゆる路面に対応するグローバルな働くクルマらしい仕様で好感が持てます。

インテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出します。内装色はシンプルなブラック。飾らないのが良い感じです。

最大積載量は500kg。デッキサイズは、最大床面長1,565mm、最小床面長1,105mm、荷台高480mm。

デッキの低位置にスチールバンパーを設定することで荷物の積み降ろし時の乗降性を確保しています。

また、ご覧のように6:4分割チップアップリヤシートを採用。写真は片側をチップアップした状態です。

機能面も充実している!

例えばダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムを装備。市街地や高速道路では静粛性や燃費性能に優れた2輪駆動とし、不整地や滑りやすい路面では4輪駆動に切り替えることで、快適性と走破性を両立しています。

ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロールを設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御。オンロードからオフロードまで本格4WD車としての高い走行性能を実現します。

また、13年ぶりの復活ということで、浦島太郎もかくや、という進化を遂げています。それがプリクラッシュセイフティの搭載!

そして後部座席まで守る7個のエアバッグの採用など、時代に即して正常進化を遂げていました。

気になる発売日と価格は?

ご存知の方も多いと思いますが、9月12日より、新型「ハイラックス」は販売が開始されています!

そして気になる車両本体価格(消費税込み)は……「Zグレード」が374万2,200円、「Xグレード」が326万7,000円となっています。かなり良心的なお値段ではないでしょうか?

最近の悲報続きにあって、久々の朗報ですね!

トヨタ「ハイラックス」のスペック

  • 全長×全幅×全高:5,335×1,855×1,800mm
  • ホイールベース:3,085mm
  • トレッド(フロント/リヤ):1,535 / 1,550mm
  • 車両重量:2,080mm(Zグレード)
  • エンジン:直列4気筒直噴ディーゼル インタークーラー ターボ
  • 総排気量:2.393cc
  • 最高出力:110kW(150PS)/3,400rpm
  • 最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/ 1,600~2,000rpm

参考-トヨタ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。