減税効果で流通なるか!? 世界初の試みが実現した水素自動車「MIRAI」!

燃料も水素の時代へ。工場からの出荷予定は1~2カ月かかりますが、トヨタで「MIRAI」の取り扱いが開始されています。未来へ進むエネルギーを育てる「H₂」の始まりと言えそうですね。

実は2014年~発売していた!

トヨタは2014年12月15日から、水素で動く燃料自動車「MIRAI」の一般的な発売を開始。

環境の問題や資源の枯渇などから、夢のエネルギーとして長い月日をかけて開発されてきました。生産する体制を整えつつ、水素社会として基盤を整えるためには社会全体としての協力も必要と、トヨタは考えています。

未来の可能性や希望として、水素というエネルギー。新たなステージに向けての挑戦になりそうですね。

この減税額なら購入できる?

エコカー減税として、自動車重量税が、約30,000円、自動車取得税は、約180,900円。

グリーン化特例として、自動車税(翌年度)約22,000円。

CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)最大2,020,000円。

最大の優遇額の合計は、最大2,252,900円にもなります。

本体の価格設定が高価なので、優遇を受けられても難しいのが現状でしょうか。さらなる、トヨタの進化に期待がかかります。

水素のエネルギー効率は、電気を超えるかも!

水の中に含まれている水素は、電気分解することで取り出すことができます。さらに、石油や液化天然ガス、バイオマス、下水汚泥などの物質からも水素をエネルギーとして抽出し利用することが可能です。電気自動車に比べて天候の影響を受けにくく保存できるので、必要なときに活用できるという方法も検討されています。

水素には、常温・常圧で無色無臭の気体で可燃性があり、軽く空気中に拡散しやすいという特徴があります。使用方法を守ることで、ガソリンや天然ガスと同様の安全性も確保されています。酸素と結びつき発電をするため、化学燃料と違いCO2を排出することがありません。発電の時に出るのは水のみという、究極のクリーンエネルギーです。

充電は3分程度!水素ステーションはいったいどこに?!

1回の充電は3分程度で、走行距離は約650㎞。FCバスや家庭用燃料電池、水素発電所など、その他さまざまな自治体でも活用の検討がはじまっています。

2015年の段階で40カ所以上の水素ステーションの稼働が予定されていました。現在は、北海道から九州まで21都道府県にあり、91か所になりました。今後は、ますます需要が高まることで増えていくかもしれないですね。

新感覚のドライビングが楽しめる次世代の「MIRAI」

「MIRAI」は、安全対策として強度や耐久性に優れた高圧の水素タンクを使用し、検知器(水素ディテクタ)の装備によって水素の漏れにも対応。炭素水素を使ったタンクは、航空機にも使用されています。その他に、衝突時の破損などのトラブル発生時には、タンクバルブを遮断し漏れた水素が室内外に留まらないような構造に設計しています。

エンジンが無いのでかなり静かですが、パワフルな走行性能が楽しめるモデルです。最高出力は154ps、最大トルクは34.2kgf・m。FCスタック、水素タンクなどのパワーユニットを床下に配置したことで、低重心化を実現し優れた走行時の安定性が確保されています。さらに、空力対策と、アンダーボディの床下全体をフルカバー化することで空気抵抗を低減し、燃費に貢献したモデルです。

究極のエネルギーの開発には、コストがかかるのは仕方のないことなのでしょう。少しずつ一般的に選びやすい価格設定など、新しいモデルの登場に期待したいと思います。

「MIRAI」のスペック

全長×全幅×全高:4,890mm×1,815mm×1,535mm

乗車定員:4名

駆動:2WD

価格:7,236,000円

参考-Youtube:【MIRAI】水のトンネル篇【FCV】HOPE~水素社会と、これからのエネルギーのはなし~
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。