2000GT “ボンドカー”&60’sスポーツカーが大集合!トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催!

トヨタ博物館(愛知県長久手市)が来る5月28日(日)、「第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催します

このイベント、毎年趣向を凝らした企画展示が実施されており、楽しみにしている方も少なくないことでしょう!

第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル

今年で第28回目となるトヨタ クラシックカー・フェスティバルとは、トヨタの文化施設であるトヨタ博物館が主催するイベント。

自動車文化の醸成と継承を目的としており、地域に根ざしたイベントとして愛・地球博記念公園をメイン会場にして、1987年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを展開します。

今年はパレードのスタートに、発売後50周年を迎えるトヨタ 2000GTの“ボンドカー”が登場します(タイトル画像参照)。年代順に一般参加車両約150台が続き、さらに……

トヨタ i-ROADなど次世代のクルマも走行するなど、クルマの進化を感じられるはず。

企画展示「夢と憧れ-1960年代のスポーツカー」が注目!

さて、本イベントで特に注目したいのは、「夢と憧れ-1960年代のスポーツカー」をテーマとした企画展示でしょう。トヨタ博物館収蔵のクラシックカーのなかから、トヨタ「2000GT」と同じく50周年となるロータリーエンジンを搭載したマツダ「コスモスポーツ」と……

宝石のように鋭くカットされたボディラインのニッサン「シルビア」に……

映画「007は2度死ぬ」のために作られたトヨタ 2000GT “ボンドカー”という3台の国産スポーツカーが展示されるほか……

その後のスポーツカーに影響を与えたイギリスの名車、ジャガー「 Eタイプ ロードスター」と……

大ベストセラーとなったフォード「マスタング」、という日米英の5台のスポーツカーが展示され、Classic Car Circuit(CCC)で走行披露します。

記念撮影車や同乗試乗車も用意される!

今年は名古屋商工会議所の協力を得て、次世代モビリティ(i-ROAD、コムス、Winglet)の体験試乗が開催されるほか……

T型フォードやカニ目が記念撮影用に展示されます。

フィリピンで庶民の足として活躍している乗合バス「ジープニー」やトヨタ メガクルーザー“JAF災害対策指揮車”が、同乗試乗車として用意されます。

会場へのアクセス

クルマ好きなら楽しめること間違いなしの本イベント、開催日は5月28日。会場は、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)です。

ご興味を持たれた方、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

会場周辺の渋滞が予想されるため、リニモ利用者への特典や無料巡回バス等、利用促進施策を実施します。

  • リニモ利用者への特典
    リニモ「愛・地球博記念公園駅」改札内で配布(8:30~15:00)する「乗車証明書」を、愛・地球博記念公園大芝生広場のインフォメーションか、トヨタ博物館本館受付に提示いただくと「トヨタ博物館当日無料ご招待券」をプレゼント。
  • 長久手市内無料巡回バス
    長久手市内3箇所のバス停を8:45~17:00の間、15分間隔で運行。
お車でご来場の方へ「パークアンドライド」
同館南側に「臨時駐車場(400台・無料)」が用意されます。最寄りの芸大通駅からリニモに乗り、愛・地球博記念公園駅まで(4分)。

参考-トヨタ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。