当時日本唯一のスーパーカーだった!? トヨタ「2000GT」について2分で学ぶ

先日、トヨタ「2000GT」のレプリカであるロッキーオート「3000GT」について紹介させて頂いたが、よく考えれば当サイトではトヨタ「2000GT」については語っていなかったではないか。これではいかん!と思い、今回は日本が誇る名車の一つであるトヨタ「2000GT」について語らせていただこう。

トヨタとヤマハが共同開発したスーパーカー

7334484546_aeb153c26a_z

トヨタ「2000GT」は、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、1967年から1970年まで生産されたスポーツカーだ。直列6気筒DOHCエンジン、5段フルシンクロメッシュ・トランスミッション、4輪独立懸架、4輪ディスクブレーキ、ラックアンドピニオン式ステアリング、そしてリトラクタブル・ヘッドライトなど、1960年代当時としては最上級の高性能車として世に登場したのである。

スポーツモデルの必要性に迫られていた

7334492042_2ecb924712_z

1960年代前半、日産自動車には「フェアレディSR311」、本田技研には「S600」が軽快なオープンスポーツカーとして日本国内外で人気を集めた。これらのスポーツカーは、レースなどでも活躍し、メーカーのイメージアップに貢献していた。一方、トヨタ自動車にはスポーツモデルが存在しなかった。

1965年には「パブリカ」を流用したトヨタ「スポーツ800」が販売されたが、より大型の本格的なスポーツカー開発の必要性に迫られていった。

プロジェクト発足から僅か11ヶ月で試作車が完成

2206118371_d8ca40cf0c_z

時を同じくして、ヤマハ発動機もクローズド・ボディの高性能スポーツカーの開発を進めており、日産自動車との共同開発を進めていたが、開発途中で頓挫。そこでヤマハが新たなパートナーとして白羽の矢を立てたのがトヨタ自動車だったのだ。すでにスポーツカー開発に着手していたトヨタ側も快諾、かくして「2000GT」の共同開発が開始されることとなった。

このプロジェクトの発足は1964年末であるが、わずか11ヶ月後という異例の速さで、試作車が完成した。

クラウン用の「M型」エンジンを強化した「3M型」を搭載

当時のトヨタは高性能エンジンの開発には精通しておらず、一方のヤマハは四輪車に先駆けてSOHC・DOHCなどのエンジンの研究が進んでいた。

かくしてエンジンは、クラウン用として量産されていた「M型(1,988cc・105PS)のブロックを流用し、ヤマハの開発したDOHCヘッドを載せ替え強化した「3M型」が搭載された。150PS/6,600rpm、最高速度220km/hを実現。これは当時の日本製乗用車の中でも最強クラスの性能となった。

内装にもヤマハの技術が活かされている

トヨタ「2000GT」高級GTカーという位置付けで製作されたこともあり、内装デザインもウッドの美しいパネルとステアリングホイールが用いられているが、この内装にもヤマハの楽器部門の木工技術が大いに活かされている。

高級車「クラウン」が2台買えるほどの高級GTカーとして誕生

かくして誕生した「2000GT」、販売価格は238万円。高級車であるクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程に高価となった。しかし、部品の多くがハンドメイドの「2000GT」には、その金額設定ですらコスト面でまるで引き合わず、売れば売るほど赤字になったという。

3年3か月の間に試作車を含め全337台が生産された

日本で唯一のスーパーカーと言われたトヨタ「2000GT」。マンガ『サーキットの狼』では主人公のライバル、ピーターソンの愛車として主人公を苦しめ、また、映画『007』シリーズではボンドカーとしても用いられるなど、様々なメディアでもトヨタのイメージアップに貢献した「2000GT」だが、その役割を果たしたと判断され、1970年8月に生産終了となった。販売期間の3年3か月で試作車を含め、全337台が生産されたという。

オークションでの落札金額は日本車最高額である約1億3,000万円

今日では、日本車における絶版車の人気車種として筆頭に上げられる一台となり、また、全337台のみの生産という希少価値も相まって、中古車市場でもプレミアム価格が付いており、とんでもない高値で取引されている。2013年にクラシックカーを専門に取り扱うRM auctions社のオークションにおいて、115万5,000ドル(約1億3,000万円)で落札された。この金額は日本車としては最高額であるという。

そんな有様なので、かなりの資金力と根性と運がなければ、トヨタ「2000GT」のオーナーになるのは極めて難しいと言えるだろう。少なくとも、筆者がハンドルを握る日は、生涯ないと断言できる。それなりに資金力に自信があるという方は、ロッキーオート「3000GT」を購入することをオススメしよう。

画像 – Flickr : Iwao2DkomplexMichi1308PROMoto “Club4AG” Miwa

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。