2020年に市販予定!VW「I.D. CROZZ」クロスオーバー・コンセプトは「I.D.」シリーズの第3弾!

一言でコンセプトカーと言っても様々ありますよね。遠い未来のあり方を提案するようなものもあれば、「●年に市販予定!」と公言する場合もあります。今回ご紹介するVW「I.D.CROZZ」クロスオーバー・コンセプトは後者。なんと2020年に市販を予定しているです!

販売台数世界一をトヨタと争うヨーロッパの巨人VWが発表した「I.D.CROZZ」とは、どんなクルマなのでしょうか?

そもそもVW「I.D.」ファミリーとは?

コチラが今回ご紹介する「I.D.CROZZ」。覚えている方も少なくないと思いますが、実はVWは最近、既にEVコンセプトカーを2台発表しており、本モデルは第3弾となります。

そこで、まずは「I.D.」ファミリーの先輩2台を先に触れておきます。

第1弾のVW「I.D.」はコンパクトEV!

その第1弾はコンパクトEVの「I.D.」。

車名の”I.D.”は、”Identity(アイデンティティ)”・”Idea(アイデア)”、”Indidividual(インディヴィジュアル;個)”・”Intelligent(知的な)”、それに”Iconic Design(アイコン的デザイン)”から取られています。

「I.D.」では、VWが新開発している車両コンセプト「MEB(モジュラー・エレクトリック・ドライブキット)」を初採用。純粋な電気自動車向けに開発されたそのコンセプトは、「駆動」、「スペース」、「快適性」に関する基準を再定義したものです。

具体的には、バッテリーをフロア下に配置しつつ、電動モーターを含む駆動系をすべてリヤアクスル(後輪車軸)に一体化。これにより、小さいボディの上に広い室内空間を確保しています。

詳しくは当サイトでも過去にご紹介していますので、ソチラをご覧ください。

自動運転にも対応!VWの小型EVコンセプトカー「I.D.」はまるでロボット!?

第2弾のVW「I.D.BUZZ」はミニバンだった!

「I.D.」に続く第2弾が、今年1月にデトロイトショーで発表された「I.D.BUZZ」。日本では「バス」と呼ばれて親しまれた「タイプ2」をモチーフとすることでVWの源流を振り返りつつ、完全自動運転のEVとして未来を見据えた新時代のミニバン、といったモデル。

この「I.D.BUZZ」も、「MEB」を採用していますが……

コチラは四輪駆動なのが「I.D.」との違いになります。

全長×全幅×全高=4,942×1,976×1,963mm、ホイールベースは3,300mmと、車格も「I.D.」と比較すると一回り上です。

「I.D.BUZZ」も過去に当サイトで紹介していますので、詳細はソチラをどうぞ!

完全自動運転のEV!VWのコンセプトモデルは伝説的モデル「Microbus」のリバイバルだ!

I.D.CROZZコンセプトはクロスオーバー・モデル!

さて、お待たせしました、ようやく「I.D.CROZZ」です。

ご覧いただけば一目瞭然ですが、クロスオーバー・モデルです。VWでは、「SUVの機能性とクーぺのダイナミズムを兼ね備えた、クロスオーバー・ユーティリティ・ビークル(CUV)」と表現しています。

最高時速は180㎞ / hと充分であるばかりか、航続距離500㎞、150kWの直流電源なら30分で80%まで充電が可能。

既存EVが抱える長距離ドライブへの不安を一掃する、「I.D.」ファミリー共通の魅力を保持しています。

その高性能を実現するのが、「I.D.」、「I.D.BUZZ」でも採用されていた「MEB」。本モデルは225kW(302PS)を発揮するモーターによる四輪駆動ですので、「I.D.BUZZ」に近い構成です。

バッテリーはフロア下に配置されています。前後のアクスルと駆動関連モジュールが一般的なモデルと比較して離れているため、長いホイールベースを確保することが可能となります。

その結果……

室内スペースは、ヨーロッパで販売されている「ティグアン・オールスペース」に匹敵する広さを確保。多彩なシートアレンジも可能なのだそうです。

コックピットには、「I.D.」、「I.D.BUZZ」にも搭載されていて話題になった”ARヘッドアップディスプレイ”や”アクティブインフォディスプレイ”、”インフォテイメントタブレット”などのデジタル化した操作系を搭載しています。

もちろん「I.D.パイロット」モードによる完全自動運転が可能とされています。完全自動運転の時には、ステアリングホイールはダッシュボードに自動的に格納されます。

2020年に市販化を明言!

いかがでしたでしょうか?この革新的なクロスオーバーEV「I.D.CROZZ」、冒頭にも記しましたが、VWでは2020年に市販すると明言しています。

もちろん価格にもよりましょうが、かなり魅力的なモデルだと思います。皆さんは、いかがお考えでしょうか?

参考-VW(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。