VWの7人乗りミニバン「SHARAN」が、自動ブレーキシステムを採用し新登場

フォルクスワーゲンの7人乗り大型ミニバン、「SHARAN」が、安全性を向上するなどで4年ぶりにモデルチェンジされた。

安全性能が向上した新型SHARAN

VWの7人乗りミニバン「SHARAN」が、自動ブレーキシステムを採用し新登場

最も注目なのは、新採用された2つのブレーキシステムだ。

プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」は、ミリ波レーダーで前方を監視し、先行車と衝突の危険性がある場合にはドライバーに警告。それでも、危険回避をドライバーが行わない場合は、システムが自動的にブレーキをかけて、衝突被害の軽減や回避を計るものだ。

ポストコリジョンブレーキシステムは、衝突や追突の際に、システムが自動的にブレーキをかけるもの。自動ブレーキによって慣性エネルギーを大幅に減少させることで、二次被害などを軽減するためのシステムだ。

トルクや燃費も向上

VWの7人乗りミニバン「SHARAN」が、自動ブレーキシステムを採用し新登場

※写真は海外モデル

新型「SHARAN」は、外観上はあまり変更がない。LEDヘッドライトやLEDリヤコンビネーションランプなどを新採用する程度だ。

VWの7人乗りミニバン「SHARAN」が、自動ブレーキシステムを採用し新登場

3列シートを採用した内装では、新型のステアリングホイールを採用。インフォテイメントシステム”Composition Media”には、スマートフォンと連携して音楽や様々な情報を呼び出せるApp-Connectも標準装備されている。

パワーユニットは、従来通り水冷インタークーラー付きターボーチャジャー採用の1.4L TSIエンジンを搭載。最大トルクを10Nmアップの250Nm(25.5kgm)に強化し、燃費(JC08モード)も13.5km/Lから15.0km/Lに向上している。

グレードや価格は次の通り。

エントリーモデルとして新設定のTSI TRENDLINE(トレンドライン)が360万円

中級グレードのTSI COMFORTLINE(コンフォートライン)が394万円

最上級グレードのTSI HIGHLINE(ハイライン)が463万円

VWの7人乗りミニバン「SHARAN」が、自動ブレーキシステムを採用し新登場

家族を乗せることの多いミニバンには、やはり高い安全性が必須といえる。

熟成された「SHARAN」は、そんなファミリー層ユーザーには注目のモデルと言えるだろう。

参考 – フォルクスワーゲン

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。