VW「ゴルフ」 vs ヤマハ「YZR-R1」アウトバーンで加速対決!

一部区域が速度無制限道路として有名な、ドイツのアウトバーンで行われたフォルクスワーゲン「ゴルフ」と、ヤマハ「YZR-R1」の対決動画が、ドイツのBoba Motoring公式Youtubeチャンネルにて公開されましたのでご紹介いたします。

ゴルフ vs YZR-R1

フォルクスワーゲン「ゴルフ」は今から41年前、1974年に発売された国民車で、トヨタ・カローラにつぐ世界第2位の生産台数を誇ります。現在、発売から7代目となり、派手さはないがドイツ車らしいしっかりとした作りで、日本でも幅広い世代に人気の高い1台です。街乗り向けのベースグレードからワインディングを楽しむ「R」グレードまで、ラインナップも豊富なのです。

ヤマハのスーパースポーツ「YZR-R1」は、ヤマハ発動機が1998年に発売した世界屈指のスーパーバイク。今年には8代目が発売し、よりレーシーなものに進化しました。さらに前後オーリンズ社製の電子制御サスペンションやカーボン素材の軽量カウルなどを装備したスペシャルモデル「YZF-R1M」も販売されています。最高出力は180馬力以上、乾燥重量が200kg以下なので1トンあたりに直すと1,000馬力近くなります。

さて、対戦するゴルフは初代ゴルフのボディに上位グレードの2.0Lターボエンジン+VWのAWDシステム「4MOTION」を移植しました。

エンジンは主に、ギャレット社の「GTX4202R」という1150馬力まで対応できるビックタービンと、このゴルフを制作したBoba-Motoring社の特性ECUで1,056馬力/1,000Nmのハイパワーを実現しました。足元は、そのパワーを無駄なくアスファルトに叩きつけるのにうってつけのTOYO TIRESのセミスリックタイヤ「PROXES R888」を履かせてあります。

それでは早速、対決の模様を動画でご覧ください。

いかがだったでしょうか。

もちろん、あらゆるポイントに強化を施してあるのと、ドライバーにそれをねじ伏せるだけの度胸とテクニックが備わっているからこそ実現できるのです。

今回舞台となったのは、ドイツのアウトバーンという高速道路で一部区間が速度無制限となっています。とはいえ、公道であるので、決してマネをしないでくださいね。

参考 – Boba Motoring

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。