ヤマハのデザインコンセプトカー「スポーツライドコンセプト」に期待が高まる!

ヤマハ発動機のコミュニケーションプラザ(静岡県磐田市)で、2016年2月末まで東京モーターショー2015で話題を呼んだデザインコンセプトカー「スポーツライドコンセプト」が展示される。

「LIVE & RIDE感」を盛り込んだデザインコンセプトモデル

この「スポーツライド コンセプト」は、大人が日常的に楽しめる正統派のスポーツカープロポーションに、多様なモビリティを展開するヤマハらしい発想による「LIVE & RIDE感」を盛り込んだデザインコンセプトモデルだという。自動車デザイン専門誌「CAR STYLING」の「日本カーデザイン大賞2015-2016」のコンセプトカー部門で大賞にあたる「ゴールデンマーカートロフィー」を受賞したというだけあり、その存在感と、迫力あふれるフロントマスクはスポーツカーとしての走りも予感させられる

「iStream」コンセプトに基づいて設計

「スポーツライド コンセプト」はゴードン・マーレーデザイン社が提唱する、「iStream」コンセプトに基づいて設計されているというだけあり、F1由来の軽量・高剛性・高強度を兼ね備えている。全長3,900×全幅1720×全高1170mmにして、車重は僅か750kg。まさにF1由来は伊達ではないのだ。

モーターサイクルのようなエキサイティングな走りをクルマで

「モーターサイクルのようなエキサイティングな走りをクルマで」というコンセプトの元、開発を進められている「スポーツライド コンセプト」。搭載されるパワートレーンはまだ研究・開発中とのことだが、かつて名車と名高い「トヨタ2000GT」の開発にも関わっていたという実績があるヤマハだけに、期待感が高まるというものだ。

市販化の目標とされている2020年には公道を走るヤマハの4輪の姿が当たり前になっているかもしれない。スポーツカーファン、オートバイファンの両面から期待が高まる。

参考 – ヤマハ発動機

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。


for Ride TOPIX

Latest for Ride

Recommend for Ride