MotoGPのヤマハワークスチームとフィアットがホットなクルマを出展!

現在開催中のフランクフルト・モーターショー。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はモーターサイクルスポーツの最高峰である「MotoGP」のヤマハワークス・チームとコラボし、同社のコンパクトカー「フィアット500」の高性能版である「アバルト595」に独自のチューニングを施した「アバルト595  ヤマハ・ファクトリー・レーシング・エディション」を公開しました。

RES_150915_Abarth_Francoforte_01

アバルトとヤマハは、「ザ・ドクター」ことヴァレンティーノ・ロッシ選手が所属する「チーム・モビスター・ヤマハ」で技術協力をしています。1.4L直列4気筒ターボをチューニングし(BMC製フィルター、レコードモンツァ製エグゾースト)、最高出力は160馬力となっております。

足回りは、KONI製ダンパー、アイバッハ製スプリング、17インチのマットブラックアルミホイールとフラットボトムステアリングホイールをチョイス。これによりオートバイのように路面の感触がよりダイレクトにドライバーに伝わり、アグレッシブなドライビングが楽しめるようになっております。

なおインテリアは、レザーシート、アルミペダルが採用されています。

MotoGPのヤマハワークスチームとフィアットがホットなクルマを出展【フランクフルトモーターショー15】

まだこのクルマがどの様な販売形態を取るのかは不明ですが、もし手に入れられるのなら普段の足にアバルト、週末はヤマハの最新スーパースポーツ「YZF-R1M」で…、いや土日もアバルトで走りたいですね。

なぜなら筆者は残念ながら2輪の免許を持っていないのです…。

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。