空飛ぶバイクが2017年ついに完成!?お値段なんと約1000万円!

「バイクが空を飛ぶ!」

SFの映画やアニメなどに登場する世界が、もうすぐ現実になるかもしれない。なぜかと言うと、アメリカのとある会社が今、市販前提の”ホバーバイク”を開発中で、2017年に発売すると発表したからだ。

ライダーは車体にまたがりハンドルで操縦

aerofexhoverbike-2

開発が進められている”ホバーバイク(Hover bike)“、つまり宙に浮くバイクの名は「THE Aero-X」。製作及び販売を予定しているのは、カリフォルニア州を拠点とするAerofex社だ。

2012年頃から開発を進めている同社は、すでにテスト機でのフライトに成功。その時の映像が下の動画だ。まずは、どんな風に飛ぶのがご覧頂きたい。

「THE Aero-X」のテスト機は、見た目はバイクというより今流行のドローンのようだ。前後に2つの円筒型ローター(回転翼)を装備し、ライダーはその中央のコクピットにまたがる。操縦はハンドルバーで行い、ヘリコプターのように垂直に上昇して飛行、着陸も垂直下降式だ。滑走路などは不要で、どんな場所でもフライトができるのが特徴だ。

aerofexhoverbike-3

カーボン採用で超軽量

aerofexhoverbike-4

開発が進められている市販モデルは、テスト機をベースにより洗練されたデザインが取り入れられているためか、近未来感はかなりのもの。ボディは、前後2つのローターも含め軽量なカーボンファイバー製で、乾燥重量356kgを実現。ボディサイズは全長4.5m、全幅2.1m、全高1.25mで、車体中央にあるシートには、前にライダー、後ろにタンデムライダーが乗れる2人乗り仕様となっている。また、車体下に付いている4つの車輪は飛行場所までの移動用。クルマなどで牽引するためのものだ。

2つのローターを回転させる動力は、ロータリー方式のガソリンエンジン。排気量などは未発表だが、ハイパワーな3ロータータイプを搭載する。地上3mの高さまで上昇し、最高速度72km/hで飛べ、航続時間は満タンで85分間だ。

スカイスポーツ用に開発

aerofexhoverbike

ん、上昇高度3m? ってことは、高い建物がある都市部での飛行は難しそうだ。Aerofex社では、このホバーバイクを「砂漠などに持って行き、低空のスカイスポーツを楽しむために開発した」という。また、最大積載量が約140kgあるので、ちょっとした荷物を運べるユーティリティ・ビークルとしても活躍できると言っている。

見渡す限りの広大な砂漠や草原があるアメリカでは、とっても楽しそうな乗り物だけど、山が多い日本では、ちょっと楽しむ場所は少なさそうだ。夏場でお休みの広めのスキー場など、できるだけ障害物がない場所に持って行くしかないな。あと、ドローンなどもそうだが、日本の空は航空法などの規制が厳しいので、そこら辺りもクリアする必要がありそうだ。

約1,000万円は高いか安いか?

aerofexhoverbike-0

販売予定価格は8万5,000ドル(約940万円)、ほぼ1,000万円級とかなり高額。これを高いとみるか安いとみるか?

こちらはマッドサイエンティストの作品

以前、当サイトでも紹介したが、イギリスはスタンフォードの発明家で、とんでもないアイテムを次々と自作してしまうColin Furze氏が公開した、ホバーバイク。前後に二機のローターを装備しているなど、外見の特徴は「THE Aero-X」と似ているが、同時に公園に置いてある遊具にも実によく似ている。

搭乗スタイルはこんな感じ。人が乗っても、やはり遊具感は拭えない。操作はボタン? ハンドルとかもとても貧弱な作りだが…。

想像よりも遙かにちゃんと飛んでいた! これは驚愕。続きは動画で確認して頂こう。

個人的には、映画「スターウォーズ」に出てくるスピーダーバイクのような飛行ができるのであれば、まず一度乗ってみたい! で、楽しかったら…宝くじを買うしかないでしょう!

参考 – Aero-X hoverbike set to take off in 2017(gizmag)、Youtube : Homemade Hoverbike

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。