誰にでも乗れて超小型!電動スケートボード「ARC BOARDS」が凄い!

スケートボードは、乗れるようになると楽しいんですが、ビギナーがいきなり乗りこなすにはちょっとハードルが高い乗り物ですね。

でも、これさえあれば大丈夫。シンガポールのスタートアップ企業IOX社が開発した「ARC BOARDS」は、誰にでも簡単に乗れちゃう電動スケートボードなんです。

ボード裏のモーターで25km/h発揮!

電動スケートボードは、最近いろんなメーカーから出ていますが、この「ARC BOARDS」はそれらと比べてもコンパクトなのが一目瞭然です。

サイズは長さ55.9cm×幅19.6cm×高さ9.9cmで、重さもなんと3.5kg。小さくて軽いので、持ち運びにもとても便利です。

上から見るとちょっと小型ですが、普通のスケートボード。でも、裏を返すとバッテリーや電動モーターが付いているので「ただ者でない」ことがわかります。

ボードの後輪のちょい前に装着された電動モーターは、小型の1200Wブラシレスタイプを採用。駆動方式はベルトドライブです。

最高速度はなんと25km/hまで出せるのだから、なかなかのもの。4,200mAhのバッテリーをボード中央部に配置し、フル充電で18kmの航続距離を実現。

充電時間は40分で80%、70分で満充電が可能な急速充電タイプを採用しています。

コントローラーで乗りやすさ倍増

このスケードボードの特徴の一つがコントローラーになります。ブルートゥースを介してモーターを制御するワイヤレスタイプで、手のひらにすっぽりと入るコンパクトさ。しかも、直感的に操作ができるダイヤル式で、前に回すと前進、後ろに回すとバック、後ろに回し続ければバックもします。

このコントローラーさえあれば、ビギナーでもとりあえず乗って移動することはお茶の子さいさい。前述の通り、超ショートなボードですから、中・上級者ならキックターンやショービットなど、ちょっとしたアクションもいろいろ楽しめそうです。

プロモーション動画もあるのでご覧下さい。

これなら、広い公園などに行って中で移動に使えるのはもちろん、「ARC BOARDS」同士のレースやパイロンを置いてスラロームなど、スポーツとしても十分楽しめそうなのが魅力ですね。

現在、このスケートボードは予約受付中。予約して購入した人は、定価999ドル(約10万円)が899ドル(約9万円)になるそうです。気になる方は、一度WEBサイトをのぞいてみて下さい。

参考 –ARC BOARDS、Youtube : Hands-on with the Arc Board, a compact electric skateboard that’s made in SingaporeArc Board Electric Skateboard(HI CONSUMPTION)
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。