あなたのチャリもOK!なんでも電動アシスト自転車に変身させる装置が登場

電動アシスト付き自転車は、今はママさんたちの必須アイテムであり、都内だと毎日数回目にするほどメジャーになりつつある。しかしデザイン的に選択肢が多いわけではないため、通勤に使用している方などは、ルックス面でまだまだ発展途上な部分があり、手を出したいが手を出せない方も多いはず。

今回は、どんな車種でも電動アシスト付き自転車に変えてしまう、夢の装置をご紹介します。

荷台に設置し、コードをつなぐだけでアシスト開始!

その夢のような装置は、ただいまクラウドファンディングの”Indiegogo”にて出資を募っている「BikesTail」というアイテムです。

仕組みとしては、後付け型の電動アシスト部分で、モーターのパワーを直接タイヤ表面に伝えるタイプのキットとなっています。

あなたのチャリもOK!なんでも電動アシスト自転車に変身させる装置が登場

“BikesTail”の使い方としては、まずBikesTailを荷台または安定した場所に設置し、動力伝達部を引き出します。

あなたのチャリもOK!なんでも電動アシスト自転車に変身させる装置が登場

その後タイヤに接する部分に当てた状態で伝達部を固定し、ケーブルを接続すれば、モーターの動力でタイヤに伝達され、前に進むようにアシストしてくれるというシンプルな仕組みとなっています。

あなたのチャリもOK!なんでも電動アシスト自転車に変身させる装置が登場

また、ペダルにセンサーも付けるので、ペダルを漕いでいないときは、自動でアシスト機能もストップするのです。

魅惑のアシストシステム”Bikes Tail”のプロモ動画をどうぞ

こちらの”BikesTail”という製品は、クラウドファンディング”Indiegogo”で出資者募集のキャンペーンを実施しており、399ドル出資することで入手可能となっています。キャンペーン終了後の価格は、799ドルになる予定で、出資者への発送は2015年の6月を予定しています。少し高価な感じがするが、好みの自転車を電動アシスト付き自転車に変えられるのであれば、安いものではないだろうか。

ただ、バッテリー部分のつけ方次第では、警察の乗っている自転車(通称:チャリマツ)のシルエットにみえてしまうので、設置場所を考えた方が良さそうだ。

参考 – Indiegogo

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。