アドベンチャーの相棒に!BMW Motorrad USAが発表した「EnduroGuardスーツ」は実用性が際立っている!

BMW Motorrad USAが、オフロードを含めたタフなツーリング(アドベンチャー)の相棒にと、「EnduroGuardスーツ」を発表しました。

今回は、この本格的かつ魅力的なライディングウェアをご紹介しましょう!

EnduroGuardスーツ

コチラが、その「EnduroGuardスーツ」。BMW Motorrad USAがプロスペックと謳う、防水仕様のアドベンチャー・スーツです。新しいデザインと新素材の作用、新カラーを採用したうえ、安全性を高める新機能を追加。道なき道を快適に突き進むための相棒として企画されました。

コチラは「EnduroGuardスーツ」のパンツ。BMW Motorrad USAのアパレル担当”Jordyn Baker”氏によりますと、アメリカのBMWライダーから、耐久性とベンチレーション効果が高い防水スーツが求められていたのだそうで、それに応える形で開発されたのが、本製品となります。

EnduroGuardスーツの特徴

BMWモトラッド専用にスイスの Schoeller Textilが特別に開発した素材を使用。最高レベルの耐摩耗性を備えながらも、防水効果・ベンチレーション効果が高く、そして快適性をも有しています。

具体的には、3層からなるBMW Climate Membrane™と呼ばれる膜構造が、防風・防水効果を保ちつつ、ベンチレーション機能を高めています。

ジャケットには8つのポケットを装備(男性用には胸ポケットが追加)。そのうち7つは防水仕様です。パンツには3つのポケットを装備。うち1つはキーホルダー付きとなっています。

また背中、肩、肘、お尻、膝にはプロテクター(パッド)を装備。写真からは仕組みが判別しないのですが、袖口とパンツの裾は大きく開くそうです。降車時の防風対応として、襟には防水フードが格納されています。

プリント類は反射ペイントとされており、パッシブセイフティを高めています。

カラーラインアップは、男性用はグレーと、このブラック。女性用のジャケットはブラックのみ。価格は$949。なかなかのお値段ですね。

パンツのカラーはブラックのみで、お値段は$649。上下を揃えると、日本円にして17万円ですか……

それでも未だお財布に余裕があるという方には、グローブだって用意されています! コチラはceraspace™という、スーツの素材「BMW Climate Membrane™」を開発した素材メーカー Schoeller Textilが商標登録している素材を用いています。

EnduroGuardスーツの動画

実は、この「EnduroGuard」スーツ、ここには書ききれない沢山の機能がまだまだあります。それらは動画で紹介されていますので、(少し長いですが)ご興味のある方はどうぞ!

参考-BMW Motorrad(USA),Youtube:BMW Motorrad Riders Gear: EnduroGuard Suit – Overview,BMW Motorrad Riders Gear: EnduroGuard Suit – Full Video
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。