これでパンクとは無縁!? ブリジストンの次世代タイヤ「エア・フリー・コンセプト」の見た目がユニーク過ぎ!

タイヤの弱点と言えば……やはりパンクすることですよね。チューブレスタイヤ全盛のこの時代ですらパンクは克服できていませんし、空気を入れる手間も正直言えば面倒です。そんなタイヤに不満を持っている方に朗報です。ブリジストンが次世代タイヤとも言うべき「エア・フリー・コンセプトタイヤ」を搭載した自転車を発表したので紹介しましょう。

「エアフリーコンセプト」とは?


「エアフリーコンセプト」とは、ブリヂストン株式会社が進めているプロジェクトで、タイヤの内側に沿って伸びる独特な構造のスポークを使用することで、ウェイトを支えるためにタイヤを空気で膨らませる必要性を排除するというテクノロジーになります。これにより、タイヤにエアを入れる必要もなく、パンクの可能性もなくなります。また、スポークやゴムに使用樹脂は、より効率的な資源の使用を実現するのに役立ちます。

同社は2013年の東京モーターショーで、第2世代の「エア・フリー・コンセプト(非空気圧)タイヤ」を発表しています。今回は、さらにそのタイヤの進化版というワケですね。

次世代自転車用タイヤ

ブリヂストン株式会社は、ブリヂストンサイクル株式会社と共同し、「エアーフリーコンセプト」を採用した次世代自転車用タイヤを開発しました。この空気で膨らませる必要のないタイヤ”は、2019年までに市場に投入することを予定しています。

樹脂をスポークに採用したことで高い柔軟性を得ただけでなく、これまでに見たことのない次世代自転車の提案も可能としています。

また、トレッド部のゴムとともにタイヤに使用されている材料、スポーク部までリサイクル可能となるため、資源の有効利用にも貢献できます。

次世代タイヤ「エアーフリーコンセプト」

このタイヤが採用されると、メンテナンスフリーになるだけでなく、パンクの可能性もなくなり、なおかつ、リサイクルも可能という、言わば良いところだらけなのですが、問題点を挙げるとするならば、現状では見た目がイマイチ…といったところでしょうか。少なくともビンテージバイク・カーには履いて欲しくないタイヤの筆頭ですね。

それ以外の点では良いとこだらけの次世代タイヤ。見た目をもう少し改良してくれるのならば、愛車に履かせてみたいものです。

それでは動画の方もご覧ください。

いかがだったでしょう?すでにエアレスタイヤ自体は各方面で採用されていますが、見た目からコンセプトに至るまで、次世代感を漂わせているのは、こちらの「エア・フリー・コンセプトタイヤ」は非常にユニークだと感じました。

オモチャ感溢れるビジュアルは賛否分かれるところだと思いますが、とりあえず実用化は目指して欲しいと思います。

参考-bridgestone   Youtube:CNET On Cars – Road to the Future:
上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。