5つのキャンプアイテムでオフィスワークが激変!

アウトドア好きにとって、デスクワークは苦手。憂鬱な月曜日は特に長い1日になりそうだ。

そこで、オフィスでも役立つキャンプ道具でモチベーションを上げて1週間をスタートさせよう。

忙しい朝は、あえてゆっくりとハンドプレッソでコーヒーを淹れる。

コーヒー豆がパッケージされたカフェポッドを入れ、給湯室からお湯を拝借。

本体から伸びている空気入れのようなレバーで空気圧を高めて準備万端。

涼しい顔して、自分のデスクでプシュッとエスプレッソを抽出する。

デスクにはコンパクトなテーブルのSOTOフィールドホッパーを広げておけば、コーヒーが書類に埋まることもない。

スマホにキーホルダー、ポケットを膨らませていたものすべてを置いて、整理整頓されたデスク回りで気分すっきり。

収納サイズはA4縦半分のサイズ。使わない時は、机の引き出しにしまっておけばいい。

コーヒーを飲んだばかりなのに眠たくなってきたら、さっと顔を洗うのが一番。

モンベルのマイクロタオルハンドを持って洗面所へ。

普通のハンカチだとビショビショになってしまうけど、マイクロタオルだとすぐに乾いてくれる。

収納サイズは7×4.5cmと超コンパクトサイズ。

お昼になれば、食事こそアウトドアを満喫したい。

ちょっとおしゃれにサタケのマジックパスタでイタリアン。

賞味期限5年なので、机の中に長期しまっておいても問題ない。

袋を開けてお湯を注ぐだけで、おいしいパスタが食べられる。

キーホルダーにはレザーマンのブリューザーを忍ばせておけば、キャンプ道具の所有欲を常に満たしてくれる。

ブリューザーには、小さな鉄の爪プライバーが付いているので、段ボールなどを開けるときに重宝する。

いかがだっただろうか?

キャンプグッズをオフィスでも活用し、アウトドアを身近に感じながら仕事をすれば、効率も上がるぞ。

渡辺圭史

渡辺圭史

キャンピングカー専門誌キャンプカーマガジン編集長。海辺に移住し、新たなワークスタイルを追い求める編集者。アウトドアとガジェットをこよなく愛する40代。