クルマのホイール!? ファットタイヤを履いたカスタム自転車のタイヤが太すぎる!

最近でファットタイヤと呼ばれる太いタイヤを履かせた自転車も、徐々にではありますが増えつつありますね。それでも圧倒的な少数派であることには変わりないので、その見た目のインパクトはかなりのものです。

さて、今回は、そんなファットタイヤを履いた自転車の中でも飛び抜けた一台を紹介しましょう。

クルマ用のタイヤを履いてしまった重そうなチャリ

ファットタイヤを履いた自転車と言えばやはりビーチクルーザー(ファットバイク)が一般的だと思いますが、今回紹介する自転車はBMXがベースとなっているようです。

こちらの自転車を作り上げたマッシュ氏は、自分のクルマに錆びた穴を発見、それを修理するために溶接機を買ったことが、この自転車を作るきっかけとなったそうです。

クルマのホイールを履かせた自転車というアイデアが不意に浮かび、少しファニーなモノを作ろうと実際にクルマのホイールを履いた自転車を製作しました。

専用の工具などはほとんど使わず、フォーク幅を広げ、カスタムフレームと程よい位置にボトムブラケット(BB)を作成、スポークをワンオフで製作した上でハブを調整し、クルマのタイヤに合うようセッティングを施したとのことです。

ドナーバイクとしてBMXを一台使っているのですが、もはやフレームからはBMXと判断できませんね。また、ヘッドライトには古いスクーター用のライトを用いています。

最期に丁寧にペイントされ、完成したのがファットタイヤバイシクルです。さすが、クルマ用のホイールの太さは他のファットタイヤを圧倒的に凌駕していますね。スピードが乗った状態でうまく曲がれるかが心配ですが……。

なお、ワンオフなのでこのファットタイヤバイシクルを購入することはできませんが、自分で作るのであればアリかもしれませんね。こんなスタンド無しで自立しちゃうような特殊な自転車……、持っているだけで人目を引けることは間違いないでしょう!

参考 –  HiConsumption
上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。