中国製バッテリー装着時のイライラをシンプルに解決する方法

精度はともかくだけど、とりあえず使う分には”まぁいいかな”といった感じの中国製バッテリー。安いのでお試し程度で使っている人もいることでしょう。

作りが粗悪なモノが多いので取り付け時にイライラする

02

しかし、中国製バッテリーは、作りが良くないので取り付け時にイライラすることがあるのです。

ボルトがナット役の板パーツまで微妙に届かない

03

それがプラス&マイナスの端子部分。ボルトがナット役の板パーツまで微妙~に届かないことが多くてイライラしませんか?

筆者は毎回これでかなりイライラさせられます。安いので我慢していますが…。

端子側の“コの字”部分の作りが悪いせい?

04

なぜ、板パーツをもう少し厚みのあるパーツで作らないのでしょうか? 嫌がらせとしか思えません。ネジの長さや板パーツは規格でサイズが決まっているので、もしかしたら端子側の“コの字”部分の作りが悪い、かつ、ブ厚くてネジがとどかないのでしょうか?

タイラップを使ってイライラを一気に解決!

05

そんな時はタイラップをこのようにして使うことで、常に板パーツを持ち上げておけば解決するのです。

たったこれだけでイライラが解決しますので、中国製バッテリーを付ける時には是非お試しアレ!

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。