ツーリングがもっと楽しくなる!バイク用に考え抜かれたスマートフォンケースがこれだ!

スマホをナビとして使用するのはもはや常識。でも挟む込みタイプを使っていると落下の可能性もあるし、雨が降ってくるとどうにもならなくなるのが悩みですよね……

そんな貴方にオススメしたい一品がコチラ!

デイトナオリジナル仕様のバイク用スマートフォンケースです。(写真はリジット式)

何が良いかと言うと、まずハンドルクランプが工具不要で簡単脱着できる「クイック式」と、ボルト留めでしっかり固定できる「リジット式」の2種類設定されているところ。

何台もバイクを保有している人はクイック式(写真右)を買えば使い回しできるし、リジット式(写真左)であれば盗難からのリスクは少なくなるでしょう。

実際にクイッククランプ式を付けてみました。φ22~29のハンドルであれば取り付け可能です。

φ22.2ハンドルにクイック式を付ける場合は、グレーの樹脂クランプを先に付けておく。

樹脂クランプの所定の箇所を少しカットして使用する必要があります。

充実した機能性も完備!

ハンドルクランプ部品は信頼と実績の箕浦製で、脱落防止ストラップも付いているので安心度は非常に高いです。

完全防水ではありませんが、簡易防滴&防塵仕様のジッパーを採用。

透明窓部が大きいのでタッチパネルの操作も良好です(取り付けたケースはMサイズ)。

そして反時計回りにクリクリっと回転させれば、工具を使わずに360°回転調整が可能です。この機能はかなり便利ですぞ!

ワンタッチでクランプの脱着も簡単に行える

クランプからの脱着もワンタッチ。結構ガッチリとロックが効いてくれるので安心できますよ。

また、ケース背面アタッチメントが大型なので、走行使用時に発生する小刻みなケース揺れも抑えられているようですぞ。

サイズは2種類から選べるぞ!

クランプが2種類あるのは先に説明した通りですが、ケースサイズにもMとXLの2種類があるので、全4品目の中から最適な1品をチョイスしましょう。

包装箱の側面に収納可能なスマホサイズが描かれているので、購入時はここに現物を当てて確認すると良いでしょう。スマホをカバーやケースに入れている人は入れたままで計測することが大事です。

今度はリジット式を付けてみます。

車種によってはハンドル周りのスペースに余裕がない場合もあるので、ヘキサゴンレンチが入る向きを事前に考慮して、調整しながら取り付けましょう。

スマホが入っていない時も落ち付いたフォルムなのでバイクの外観を崩しません。掴み系のホルダーだと、どうも安っぽく見えてしまうのが気になっていた方におすすめです。

また、スマホから発生する熱の逃げ場を作ってくれる穴付きインナーパッドもクールですね。

バイク用スマートフォンケースの詳細

バイク用スマートフォンケース (Mサイズ)

内寸:137×70×20(mm)

・リジットクランプ式

品番:94944 価格:5,300円

・クイッククランプ式

品番:94945 価格:5,300円

バイク用スマートフォンケース  XLサイズ

内寸:168×89×20(mm)

・リジットクランプ式

品番:94805 価格:5,300円

・クイッククランプ式

品番:94806 価格:5,300円

参考-DAYTONA
NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。