削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

グラインダー(サンダー)で切削していると、今どこまで削っているのかが分かり難い。

ディスクで隠れてしまうので、どうしても感覚で削っていくことになりますよね…。

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

通常であればこのように、対象物が全く見えないですよね。

でも世の中には削りながらも切削部分が見れるディスクがあるんです。

これがそのシースルーヂスク!

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

右は通常のディスクですが、カットが入っているのがミソ!

ちなみに”ディスク”ではなく”ヂスク”なところもミソ!

見える!見えるぞ!

削りながらも手元が見えるディスクグラインダー!!

回転中に下側が透けて見えるんです! これならどれだけ削れているかが一目瞭然! グラインダー用工具箱に1枚入れておくと便利ですよ。

こちらで実作業ムービーも見られます

http://www.resiton.co.jp/products/example/

メーカーサイトに埋め込まれたFLASHムービーなので、iPhoneからだと表示されません。

iPhoneユーザーだけど「ぜひ見たい!」という方は、パソコンからアクセスしてみてください。

なお発売元は「キンタマ」の愛称で有名な『金の卵』をリリースしているレヂトン社。

そして、この「キンタマ」も一度使うと他のディスクは使う気がしなくなるほど切れ味抜群ですよね(ちょっと高価なところが”タマ”にキズ)!

【関連記事】

メカニックの”あるある体験”を減らせる便利なニッパー!

作業がスゴイはかどる!つかみ系最強工具はコレ!!

やってて損は無い!バイクでUSB電源を取り出すときの裏ワザ

ガレージをLED電球にして雰囲気アップ&節電効果!

これはアイデア勝ち!捨てられない雑誌はイスにしよう!!

参考 – レヂトン

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。