自転車を乗り捨てできちゃう!シェアサイクルサービス「シェアペダル」が中野区でサービス開始!

レンタル自転車はいいけど、返すのが面倒だな……そう思っていた方に朗報です。自転車を乗り捨てできるサービスがついに実現されました。

東京・中野にて自転車シェアリングサービスを開始

以前、「トメレタ」という駐車場予約サービスについて紹介させていただきましたが、そのトメレタを主催する株式会社シェアリングサービスが、OpenStreet株式会社とソフトバンク株式会社が提供する自転車シェアリングサービスシステム「HELLO CYCLING」を導入し、2016年11月11日より東京都中野区で自転車のシェアリングサービスを開始しました。

HELLO CYCLINGとは?

「HELLO CYCLING」は、自転車のシェアリングサービスで、スマートフォンやパソコンで登録された駐輪場”ステーション”の検索、自転車の利用予約、決済までの一連の手続きが簡単にできるというものです。

自転車は、「HELLO CYCLING」に登録された全ての”ステーション”で返却可能となるので、目的地への移動に便利な交通手段として利用できます。

いつでもどこでも気軽に使える

スマホで簡単に、いつでも、気軽に利用できるシェアサイクルサービス。無料会員登録後、すぐに利用できるそうです。一度ICカードの登録を行うと、予約をせずにタッチ&ゴーで、簡単・スムーズに利用できます。

どこの”ステーション”でも返却可能

「HELLO CYCLING」のロゴがある無人ステーションであれば、どこでも乗り捨てが可能という点は素直に嬉しいですよね。これなら目的地への移動に便利な交通手段としても使えるし、単純に便利ですよね。

「どこでも借りれて、どこでも返せる」このお気軽感こそ、このサービスの最大の魅力ではないでしょうか。

東中野駅周辺の”ステーション”で自転車を借りて、中野ブロードウェイでお買い物、最終的に中野新橋駅周辺の”ステーション”で返却したら、居酒屋で一杯ひっかけてから電車で帰宅。ちょっと妄想しただけでも、とても有意義な休日になりそうです!

シェアペダルNAKANO

  • イベント期間特別価格:1時間 / 100円(税別)
  • イベント期間特別価格:1日 / 800円(税別)
  • 営業時間:24時間
  • サービス開始日:2016年11月11日

※11月27日まで、中野区内の商店街・企業・学校・団体などが一体となって85のイベントを開催している「なかのまちめぐり博覧会2016」において、各イベント会場間を回遊するための交通手段としても利用できます

今後、この自転車シェアリングサービスの提供エリアは、さらに拡大されるそうです。

早く全国的に広まって、当たり前のような存在になると、生活がさらに便利になりますよね。ロジスティックでいう”ラストワンマイル”的といったところでしょうか。このシェアペダルというサービス、今後のエリア拡大&サービス拡充に期待が高まります!

参考 –  シェアペダルNAKANO
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。