これはアイデア勝ち!捨てられない雑誌はイスにしよう!!

男であれば、趣味の数だけ増えていってしまうのが雑誌。こうした多趣味で気の多い方の悪いクセは、雑誌を捨てられないという事。(なぜなら筆者がまさにそうだから。)

「いつかまた読む。これは歴史的価値のある資料なんだ!」と家族や自分に言い聞かせては、クローゼットの奥に追いやって二度と出てくることのない雑誌たち。

今回は、そんな”捨てられない病”をわずらった方にベストなアイデア商品をご紹介します。

そんなに捨てられないならイスにしてしまえ!

白樺の木材を使用した土台に、革製ベルトとクッションで構成されているこちらの商品が「ホッケンハイマー マガジン スツール(Hockenheimer Magazine Stool)」だ。

非常にシンプルな構成で、プロダクトというより、アイデア勝ちといったところですね。

使用方法はお察しの通り、土台の上に雑誌を積み上げ、クッションと共に革ベルトで締めるだけです。

そして、こちらが雑誌を入れていない状態。

これはアイデア勝ち!捨てられない雑誌はイスにしよう!!

おそらくこの状態だと、何が何だかわからないですね。

もちろん高さは、積み上げる雑誌の量次第なので、調整が自由自在です。

D.I.Y.が好きな方ならピンときたと思いますが、きっと近しいモノがオリジナルで作れそうですよね。ほら、ウズウズしてきたのではないでしょうか。

今週末ホームセンターで木材と革素材を探している人がいたら、そっとしておいてあげてください。おそらく筆者ですので。

参考 – njuorder

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。