コレは懐かしい~!ホンダの名車「シビック RS(SB-1)」がハセガワのプラモデルで蘇る!

モーターサイクルの新車ネタが続きましたので、今回はユル~くホビーの話題。

ハセガワがリリースするプラモデルが魅力的なのです!

「フェアレディ240Z」&「ブルーバード1600SSS」サファリラリー優勝車がプラモデルで蘇る!

ハセガワのプラモデルと言えば、先月コチラをご紹介していますね!ケニア在住歴のある筆者からすると堪らなく魅力的なサファリラリー優勝車ですが、今プラモデルが売れるのかと、他人事ながら心配してしまいました……。

今度は「シビック」。”Type R”ではなく”SB-1”なのだ!

そんなマニアック路線をひた走るハセガワが、またしてもやってくれました!

新金型から製造するモデル「ホンダ シビック RS(SB-1)3ドア ハッチバック」の販売を開始してくれるのです!

1972年、初代シビック SB-1型は画期的なFF2ボックスとしてデビューし、世界的な大ヒットを記録しました。
1974年にはスポーツモデルの「1200RS」が登場。高出力エンジンと5速MTを搭載、タイヤはワイドラジアルタイヤを装備した走行性能を高めたタイプでした。

キットは初代シビック SB-1型「1200RS」(3ドアタイプ)を徹底した実車取材により完全新金型で再現しています。

ボディのパーツカラーは白、バンパー・「RS」ロゴはメッキパーツで再現。タイヤは「RS」用のラジアルタイヤが付属します。

パーツ数は129と標準的なモデルです。模型の全長×全幅は151.5×63.5mmとコンパクトサイズ。スケールは1:24です。

発売日は2017年12月1日頃を予定しております。車両本体価格(諸費用別 笑)は3,200円(+消費税)ですので、衝動買いしちゃって問題ないですね!

筆者もお正月の暇つぶし用に一つ行っときまっす!

参考-ハセガワ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。