DIY好きは知っておくべき「鉄板の穴をふさぐ方法」を1分で解説

今回は鉄板に空いてしまった穴をふさぐ方法の一例を1分でご紹介いたします。DIYネタが好きな方は是非!

クランケとして使うのはDAXのプレスフレームで、約20mm程度の穴を出来るだけ簡単に修正してみます。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

まずは穴の内外に出ているバリを取り除く。穴の周辺もベルトサンダーなどで削ります。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

鈑金ハンマーなどを使って平らにするのもお忘れなく。これで準備ができました。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

穴よりも少し大きいサイズで鉄板を切り出しておく。強度が必要なところではないので、厚みはそんなにいらないですね。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

超強力ボンドを用意。デブコン製の「ミニッツエポキシジェル」なら隙間の充填や凹凸のある面でも、平らな面と同様に接着できます。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

ジェル状の2液性で約6㎜までの隙間充填ができるのが特徴。常温でもすぐに硬化するので作業は手早くやりましょう!

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

専用のガンにセットしてトリガーを引くと、ミックスされた主剤と硬化剤が先端から出てきますよ。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

鉄板を貼り付ける。常温約7分で強度を発揮し、1時間で実用強度に達します。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

硬化したら防錆鋼鈑用ポリエステルパテを盛る。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

パテが硬化したら研いでいきます。

パンツの穴ならぬ"鉄板の穴"をふさぐ方法

これで穴は塞がりました。まだピンホールが残っているので、もう一度パテを付けて仕上げればペイントすることができます。

今回は人為的に穴が開けられていたのを修正しましたが、古い車両は錆によって穴が開いてしまうこともある。レストアするときのご参考になれば幸いです。

協力 – ファニーズカスタムサービス

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。