スマホとつなぐ透過ディスプレイ型カーナビ「IRIS」

いまやクルマになくてはならない装備「カーナビ」。

インダッシュ型やオーディオ一体型は、ダッシュボードにすっきりと収まるため邪魔にならないが視認性が悪い。オンダッシュ型は視認性が良いが美観を損ねる。

その解決策となりえるのが、いま注目のヘッドアップディスプレイ・カーナビです。

利便性と価格面をカバー!

スマホとつなぐ透過ディスプレイ型カーナビ「IRIS」

今発売されているヘッドアップディスプレイ・カーナビは、高価であったり、使い勝手が悪かったりと、まだまだ普段使いに至っていない。

そんな利便性と価格面の不満をカバーした進化系カーナビが、こちらのスマホ接続式ヘッドアップディスプレイ・カーナビ「IRIS」です!

多彩な機能と拡張性が魅力

スマホとつなぐ透過ディスプレイ型カーナビ「IRIS」
IRISの特徴は何と言ってもスマホとBluetooth接続して使用するという点。iPhoneまたはAndroidのアプリにより、カーナビゲーション、通話、カメラ、速度チェック、メッセージ、カレンダーのスケジュール、などを表示可能なのです。

電話の着信があった場合は、IRISに表示されたらスワイプで通話開始できるジェスチャーコントロール機能となっており、さらに音声でも操作できるのです。

ナビゲーション機能は、都度曲がり角や車線を指示してくれるターンバイターン式なので、ディスプレイを凝視することなく、運転に集中できます。

さらに、現在IRISはFacebookなどのアプリにも対応していますが、今後さらに対応アプリを増やし、機能拡張をしていくとのこと。アプリのアップデートでどんどん機能拡張していってくれたら、数年で古くなってしまうこともないので安心です。

いかがだったでしょうか。

現在こちらのIRISは、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達中で、299ドル(約3万7,000円)で購入可能となっています。

ただし日本語のローカライズはできていないようなので、はやく目標資金額を達成し、ローカライズしていただきたいものです。

【関連記事】

次世代スマートアイウェア「Recon Jet」が販売開始!

耳栓サイズの世界最小ワイヤレス&マイク内蔵イヤホン「Dot」これは欲しい!

自転車やオートバイに最適なアクションカメラまとめ!

レクサスが宙に浮くスケボー「ホバーボード」を発表!?

コレは使える!! スマホで撮ってサッとプリント!ポラロイド極小プリンタ

参考 – Indiegogo、Youtube : Iris Vehicle Heads Up Display Indiegogo Campaign

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。