もったいない!iPhone6Sの上でバーンナウトするとこうなってしまう…

2015年9月25日に発売されたばかりの「iPhone6S」。こんな最新モバイルの上でバーンナウトしたらどうなるのか?

誰もが興味を持ちながらも、実行に移せなかった事柄を、やすやすと実行し、あまつさえ記録動画まで撮った剛の者がいるという。ここでは、そんな無謀とも言えるチャレンジに身を投じて作られた動画について紹介していこうと思う。

バーンナウトさせる台にはiPhone6Sと同サイズのケースが付けられていた

ただでさえ小型化が進んだモバイルの上でバーンナウトをする? 思わず”?”マークが頭をよぎった方も大勢いることだろう。このチャレンジに用意されたのは木製の台だ。この上にiPhone6Sがすっぽりと入る枠が付けられており、固定されたiPhone6Sの上にポケバイを載せてバーンナウトさせるというもの。

それでは、実際にどうなったのかを見て貰うとしよう。

タイヤが走った後は液晶が溶けてしまった

スクリーンショット-2015-12-02-1.05.20

iPhone6Sの上で猛烈な白煙を上げてバーンナウトを続けるポケバイ…結果、どうなったのかと言えば、ものの見事に液晶画面が溶け、べったりとタイヤのゴムがこびりついてしまった。50ccとはいえ、強化ガラスであるiPhone6Sの液晶画面とポケバイとが不毛な戦いを繰り広げれば、こうなるという良い参考例である。ただし、確かに液晶の1/2程度は溶けてしまったものの、溶けていない部分に関しては、まだ、動いていたというところに、アップル社の高いクオリティーを感じずにはいられなかった。

実験は無情だが、それを忘れてはいけない

スクリーンショット-2015-12-02-1.05.33

確かに液晶の溶けていない部分はまだ使えたとはいえ、恐らくこのiPhone6Sは廃棄処分となってしまうことだろう。かくも実験とは無情なものである。しかし、確かにiPhone6Sはしっかりと起動を続けていた。我々はその事実を忘れず、かつ、このような悲劇を繰り返さないよう、心に刻み込んでいたいものである。

参考 – Youtube : Don’t Ever Burnout on an iPhone 6S!

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。