イグゾースト社の最新スピーカー「ESAVOX」はランボルギーニとのコラボだ!

F1コンストラクターやスーパーカーが数多く集まることでも知られるイタリアのモデナに拠点を置き、自動車をモチーフにした高級サウンドシステムなどをリリースしているIXOOST(イグゾースト)社。以前、当サイトでもF1マシン用マフラーを使ったスピーカー「XiLO」といったアイテムを紹介させていただいています。

そのイグゾースト社の最新スピーカー「ESAVOX」は、なんとランボルギーニとのコラボレーションしたアイテムということで話題となっています。

こちらがランボとコラボ!

さっそく、こちらの最新スピーカー「ESAVOX」が、イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニとコラボレーションしたモデルです。

まず、デザイン面からランボルギーニ、特に「アヴェンタドール」のスタイルを彷彿とさせる要素が多数取り入れられています。

ランボルギーニ独特のプッシュスタートボタンも上部にほぼそのままのカタチで設置されています。

後方に突き出たパイプは、実際のランボルギーニのテールパイプです。素材はカーボンファイバー製となっています。まさにこだわり抜かれた商品ですね。

Bluetooth 4.0にも対応

AUX接続(RCA)はもちろん、Bluetooth 4.0にも対応しています。

6.5インチフルレンジスピーカーと8インチのウーファー、15インチのサブウーファーと1インチのツイーターも内臓するなど、かなり本格的な仕様です。

サイズは125×65×50cm、重さは約53kgとなっていますから、写真で見るよりはかなり大きなモノとなっています。

カラーは「Rosso Mars(レッド)」「Nero Aldebaran(ブラック)」「Arancione Atlas(オレンジ)」「Giallo Evros(イエロー)」の4色展開となっています。

ちなみにこの4色展開は、ランボルギーニの実車と同じ設定になっています。それでは動画でもご確認ください。

いかがだったでしょうか。ランボルギーニとコラボレーションを果たした高級感漂うスピーカー「ESAVOX」。気になる価格ですが、何と254万円! うぉぉ…ちょっとしたクルマが買えてしまいますね。

ランボルギーニストアでも販売されているそうなので、気になって、なおかつ、このスピーカーが買えちゃうレベルの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。買えない方は当サイトの記事で満足してくだされば幸いです。

それにしても、このスピーカーで流す曲って何が相応しいんでしょうか。やはり”エキゾーストノート”ですかね? T-SQUAREのTRUTHあたりを流したら、アドレナリンが出すぎて大変そう…。

参考 – ESAVOXAutoblog.nl、Youtube : iXOOST ESAVOX Automobili Lamborghini 
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。