F1マフラーでサウンドをエンジョイ!? エキゾーストスピーカーに新作登場

ちょっと前に、F1マシン用マフラーを使ったスピーカー「OTTO」が日本でも話題になったのをご存じだろうか?

製作したのは多くのF1コンストラクターやスーパーカーメーカーが集まる、イタリア・モデナにあるIXOOST(イグゾースト)というメーカー。1990年代以降のウイリアムズやロータス、コスワースなどのF1マシンが使ったまさに本物のエグゾーストを使用、しかもすべてハンドメイドということで注目されていた(写真下)。

IXOOST「XiLO」

gal9

そのIXOOSTに新型が登場。iPhone/iPad専用で、ブルートゥース5.1にも対応した「XiLO」を発売したのだ。

オリジナルマフラーを採用

ixoost24117

「OTTO」との違いは、マフラー部分がオリジナルであること。まぁ、本物F1マシン用マフラーなんて、そうそう手に入らないためか、自前で作っちゃえ!ってな感じなのだろうか。

ixoost24113

しかし、質感は抜群だ。オリジナルとはいえ、すべてハンドメイドで、F1マシン用マフラーを使った「OTTO」と遜色ない出来映え。リアルウッド製のパーツも採用し、部屋のインテリアとしてもすごくマッチするデザインだ。

5本あるマフラーエンドがそれぞれスピーカーに

IMG_8929_ph_ChyrekFabrizio

sound-02

5本あるマフラーのエンド部がそれぞれスピーカーだ。

上段に並んだ中央が2インチのツィーター、左右2つが3インチのミッドレンジだ。下段左右2つのスピーカーは4インチのミッドベース、台座ボトムには8インチのサブウーファーも採用。マフラーに囲まれた円筒型の木製ボックス内がウーファーのボディ部だ。

アプリで排気サウンドや音楽も聴ける

app2

サウンドソースは、iPhoneやiPadなどアップルのスマホやタブレットだ。それらに専用アプリをダウンロードし「XiLO」と連携させれば、あらかじめ用意されたF1マシンやスーパーカーなど、いろんなクルマの迫力サウンドが自宅で楽しめるのだ。

app1

ixoost ambi-23699

もちろん、iTunesに保存した自分の好きな音楽も聞くことも可能。接続は、ボディ後部の端子にスマホやタブレットを有線で繫ぐほか、ブルートゥース5.1にも対応。ワイヤレスで簡単にサウンドを楽しめる。

素材も選択可能

IMG_9011_ph_ChyrekFabrizioIMG_9010_ph_ChyrekFabrizio

サイズは50cm x 60cm x 75cm。ウーファーボックスはオークかマホガニーが選べ、スピーカーが装着されたマフラー先端にあるナットも、ベルリネッタレッド(赤)とアルミニウムレーシング(シルバー)がセレクト可能だ。

お値段は5,000ユーロ(約61万円)。リアルF1用マフラーを使った「OTTO」が6,500ユーロ(約80万円)以上で、使うマフラーなどで値段が変わる(つまり時下)ことを考えると、かなりお買い得だ。

F1の大ファンにはたまらない逸品、購入は公式サイトから可能なので、興味がある方は一度覗いてみてはいかがだろうか。

参考 – IXOOST公式ページ

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。