ワイルドキャンパーであればミルスペックにこだわれ!

ブラックボディのバイクにまたがり、ダークカラーのウェアで統一したワイルドスタイルのキャンパーが一人。広げたキャンピングギアはとびきりファンシーなパステルカラーだった…とはよくある話。

やはり、”ワイルドキャンパー”にはハードな印象のアイテムを使ってほしい。ちょっと気のきいた玄人が手を出している軍放出品という選択もあるが、武骨な弾倉ケースにColeman(コールマン)の「GIストーブ」をいれて…なんて、バイクキャンパーにはちょっとハード過ぎだ。

そこで、注目したいのが、ミリタリースペックと呼ばれるギアアイテムたち。いわゆる「ミルスペック」。軍隊の採用基準をクリアしたスペック重視のアイテムだ。軍放出品との違いは、現行のアウトドアトレンドに乗ったアイテムが揃っているということ。

手軽にミルスペックを取り入れる

ワイルドキャンパーであればミルスペックにこだわれ!

マットレスで定番中の定番といえるブランド「サーマレスト」を扱っているカスケードデザイン社も2007年から軍への供給をはじめている。同社はたくさんのブランドを傘下に入れる巨大アウトドアメーカーだ。そのカスケードデザインのミルスペック・アイテムが日本でも買えるという。

今回、国内リリースされたマットレスの「サーマレスト」とアウトドアギア・ブランド「MSR」の燃料ボトル。どちらもワイルドなカラーリングが特徴的。マットレスに採用された超軽量素材は耐久性もあるミリタリー仕様となっている。

ワイルドキャンパーであればミルスペックにこだわれ!

MSRの燃料ボトルはワイルドキャンパーでなくても欲しくなるようなデザイン。過去にも国内販売されたが、すぐに売り切れととなった、影の人気アイテムだ。

バイクをカッコよくカスタムして、スタイリングもバッチリならば、次はアウトドアギアもこだわって選びたい。まずは、ミルスペックのサーマレストとMSRの燃料ボトルで、真のワイルドキャンパーを目指そう!

※数量限定なのでお早めに!

【関連記事】

わんぱく男子必見!傷や衝撃からiPhoneを守ってくれるタフなケース9種類

全方位型アパレルブランド「OVERTECH(オーバーテック)」とは?

バイクキャンパーにベストなバーナーはなんだったのか?

ドライバー&ライダーは知っておいた方がいい「災害対応型給油所」とは?

スゴイ!超高機能軍事レベルの電動自転車!!

画像 – Flickr : kamikazekyle10

参考 – Therm-A-Rest

渡辺圭史

渡辺圭史

キャンピングカー専門誌キャンプカーマガジン編集長。海辺に移住し、新たなワークスタイルを追い求める編集者。アウトドアとガジェットをこよなく愛する40代。