折りたたんでクルマに収納OK!プジョーが新型電動アシスト自転車「eF01」を発表

プジョーと言えばフランスのカーメーカーですが、実は自転車も作っていることでも知られています。特にコンパクトになる折りたたみ式タイプは、日本でもよく街中で見かけますよね。そんなプジョーが、つい先日まで開催されていたリモーターショー2016(一般公開2016年10月1日〜10月16日)に「折りたたみ式&電動」の新型を発表! かなりの注目作なので紹介しましょう。

最高速度20km/hを発揮

「eF01」と名付けられた新作は、電動モーターがペダルを漕ぐ力を助けてくれる電動アシスト自転車です。リチウムイオンバッテリーを搭載、各ユニット類がかなりコンパクトなので、見た目はよくある折りたたみ式自転車と変わりません。

ホイールは前後16インチと小径ですが、最高速度は20km/hを発揮。坂道を登るのもとても楽です。1回の充電で30kmの航続距離を誇ります。ちなみに、スマートフォンに専用アプリをインストールすれば、走行距離やバッテリー残量などもチェックできます。最新テクノロジーを駆使した機能も魅力です。

折りたたみも簡単

そして、注目の折りたたみ。メインフレームを2つ折りにし前後ホイールをくっつけ、ハンドルとサドルを下げればハイ完了。操作はたった3ステップだから、だれでも10秒以内にできてしまいます。かなりコンパクトになるので、クルマのトランクやラゲッジに入れる場合もスペースをさほど取りません。クルマで遠出、出先で「eF01」に乗るなんてこともラクラクです。

また、重量が17kgと軽量なので、都市部での移動手段としても使い勝手は良好。最寄り駅まで「eF01」で走り、電車や地下鉄、バスなどに乗り換える時の持ち運びも容易です。新しいパーソナルモビリティとしての使い方もできてしまうです。

12V電源があれば充電OK

バッテリーの充電は、12Vの電源コンセントがあれば、約2時間でフルチャージが可能です。家ではもちろん、12V電源があるクルマなら、ラゲッジなどに積んで移動中に充電もできちゃいます。

価格はまだ未発表ですが、発売時期は2017年中盤ごろを予定。お値段次第では、”買い”かもしれませんよ!

参考 – Peugeot eF01 Folding Electric Bike (HI CONSUMPTION)
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。